講座依頼、取材依頼、執筆依頼、お気軽にお声がけください。

期間限定!小規模事業者持続化補助金のサポートプラン

コロナ禍におすすめの副業11選! 初期費用やいくら稼げるか解説

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
コロナ禍で収入が減って困っている

ただ、

どの副業を選べばよいのかわからない…
できる限りリスクが低くて稼げる副業を知りたい…

と感じている人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回の記事では以下のことについて解説します。

  • コロナ禍でおすすめの副業
  • 副業の選び方
  • なぜアルバイトはおすすめできないのか

この記事を読めば、コロナ禍でも副業で収入をアップさせる方法がわかります。ぜひ参考にしてくださいね。

▼副業(複業)を検討している方、すでにはじめている方におすすめ▼

メルマガでは会社員のうちに起業準備/副業をはじめて、お金をかけずに最短で収入の柱を作り、会社員以外の選択肢を持つ方法や、副業の確定申告やお金の管理についてお役立ち情報を配信していますので、ぜひご登録ください。

メルマガに登録する

コロナ禍におすすめの副業11選!

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、本業の収入が減った方、あるいは今後の生活に支障がでないか不安な方も多いでしょう。

 

生活を楽にするために本業を頑張っても、収入が上がるとは限りません。逆に、売上減少に伴い月収が下がる恐れもあるでしょう。

そこで、コロナ禍におすすめの副業をかんたんにできるものから11個紹介します。

副業 難易度 費用 副業で稼げる目安(月収)
ポイントサイト 0円〜 数百〜数千円前後
アンケートモニター 0円〜 数百〜1,000円前後
データ入力 0円〜 時給1,000〜1,500円
フリマアプリ 0円〜 数千〜数万円
デリバリー 数千〜2万円
(自転車やバイクのレンタル費用)
数万円前後
ライター ★★ 0円 数万〜10万円
ハンドメイド作品販売 ★★ 数千〜1万円前後(材料の仕入れ代や工具代)

数千円
イラストレーター ★★★ 月額2,000〜6,000円前後
(デザインツールの費用)
数万円以上
投資 ★★★ 数百〜数百万円以上
(投資資金次第)
投資資金次第
(100万円以上も可能)
アフィリエイト ★★★★ 数千円〜
(サーバー代)
0〜数十万円以上
プログラミング ★★★★★

数万〜数十万円
(スクールに通う場合)

数万〜数十万円


難易度が高く始めやすい副業順に、それぞれ紹介していきます。

1.ポイントサイト

ポイントサイトとは、サイト経由で商品の購入やサービスを利用した際に、ポイントを貯められる副業です。

たとえば、ポイントサイトからFX会社の証券口座を開設し、条件を満たすと数千〜数万円相当のポイントがもらえます。

 

獲得したポイントは、現金やギフト券などの交換できる仕組みです。

ポイントサイトの副業は、スマホやパソコンがあれば、誰でも隙間時間で稼げます。

 

ただし、条件を満たしても、すぐに報酬が発生するわけではありません。案件の広告主が条件を満たしたかどうか確認しなければならないため、報酬がもらえるまで1〜3ヵ月ほどかかるでしょう。

2.アンケートモニター

アンケートモニターとは、アンケートに回答すると報酬がもらえる副業です。1回のアンケートで回答する量が多いほど、もらえる報酬が高くなります。

回答量 報酬
多い 数百〜数千円
少ない 数円〜100円未満

アンケートに回答するだけで報酬がもらえるので、誰でも手軽に稼ぎやすい副業といえるでしょう。

 

ただし、月に数千円以上稼ぎたいのであれば、座談会形式のアンケートへ参加せざるを得ません。他人と会う必要もあり、コロナの感染リスクが上がるため、注意してください。

3.データ入力

コツコツ業務をするのが得意な方は、データ入力がおすすめです。

 

データ入力とは、名刺の情報、ECサイトの顧客情報、アンケート調査の結果などをパソコンを使って入力する仕事です。

 

在宅もしくは直接勤務先で働く方法があります。基本的に同じ作業の繰り返しになるので、タイピングスピードが速いほど、稼ぎやすいといえるでしょう。

ただし、顧客情報などを扱うため、タイピングミスは許されません。責任感が強い方におすすめの副業です。

4.フリマアプリ

家に不用品が多くある方は、フリマアプリで出品してみてはどうでしょうか?

 

出品した不用品に思わぬ価格がつくケースも珍しくありません。また自分で値段をつけるのも可能です。代表的なフリマアプリは以下の4種類。

  • メルカリ
  • ラクマ
  • PayPayフリマ
  • ヤフオク

 

なお、多くのフリマアプリでは、落札された際のみ手数料がかかります。そのため、元手がない方でも安心して利用できるでしょう。

ジャンル次第では月に数万円以上稼ぐのも夢ではありません。

5.デリバリー

デリバリーとは、顧客注文された商品を飲食店で受け取り、配達する仕事です。スマホアプリや配達用の自転車もしくはバイクなどがあれば始められます。代表的なデリバリーアプリは以下の4種類。

  • ウーバーイーツ
  • 出前館
  • menu
  • Foodpanda

 

多くのデリバリーアプリでは、配達距離に応じた報酬が設定されており、たくさん配達するほど報酬も増えていきます。

 

忙しい時間帯や天候が悪ければ、追加でインセンティブ報酬も受け取れるでしょう。働き方もある程度自由で、平日に数時間だけ、土日にがっつりなど働き方はさまざまです。

ただし、近年、配達員の事故が多発しています。怪我のないように配達しましょう。

6.ライター

ライターとは、個人や企業から依頼された内容にもとづいて文章を書く仕事です。依頼内容は、ブログやコラム記事、メルマガ、LPの原稿など幅広くあります。

 

なかでもWebライターであれば、在宅で好きな時間に働けるため、会社員の方でも働きやすいでしょう。

 

ライターの副業では、納品物に対して報酬が支払われ、1文字あたりの単価もしくは1記事あたりで単価が設定されています。

 

ジャンルも幅広いため、自分の得意なジャンルの依頼を受ければ、月に数万円以上稼げる可能性があります。

副業ライターの始め方は以下の記事で詳しく解説しています。

【月5万円を目指す】副業でWebライターを始める方法を5STEPに分けて解説

7.ハンドメイド作品販売

ハンドメイドとは、手作業で作ったものを表します。作品をフリマサイトなどで販売すれば、数百円以上の値段で売れるケースもあります。

 

自分の作品を手に取った方に喜んでもらえれば、やりがいも大きくなるのではないでしょうか。ただし、ハンドメイドで稼ぐのは簡単ではありません。作品作りが好きな方におすすめの副業です。

副業ハンドメイドの始め方は以下の記事で詳しく解説しています。

失敗しない!ハンドメイド副業の始め方|おすすめ作品ジャンル・販売サイトは?

8.イラストレーター

デザインに自信があるなら、イラストレーターもおすすめです。イラストレーターは、個人や企業から以下のような依頼を受けます。

  • 会社やサービスのロゴ作成
  • イラスト制作
  • パンフレットにある挿絵の作成
  • 広告バナーの制作

 

報酬は業務内容や依頼主次第といえますが、1回あたり数万円以上稼げるケースもあります。絵やデザインが好きな方にはぴったりの副業といえるでしょう。

 

ただし、稼げるようになるためには、営業をかける必要があります。自分のスキルをアピールできない方は、稼げるのに時間がかかるかもしれません。

副業イラストレーターの始め方は、以下の記事で詳しく解説しています。

イラストレーターの始め方を解説! 副業におすすめの理由やよくある疑問に回答

9.投資

元手となる資金が多い方や興味がある方におすすめの副業は投資です。

 

投資とは、商品の売買を繰り返すことで、その差益を得る稼ぎ方です。

代表的な投資商品は以下の4つ。

投資方法 元手となる最低資金 値動きの激しさ
株式投資 数百円〜 普通
投資信託 数百円〜 小さい
FX 数万円〜 大きめ
仮想通貨 数百円〜 大きい

投資は元手となる資金が多いほど勝った時の利益も増やしやすいといえます。とはいえ、スマホのアプリで数百円からできます。

 

売買の操作も難しくなく、数十秒あれば注文が完了するので、初めての方でも問題ありません。iDecoやNISAの制度を利用して株式や投資信託を購入すれば、利益にかかる税金をなくせます。

ただし、相場の値動き次第では、損失を被るリスクもあり注意が必要です。

10.アフィリエイト

アフィリエイトは、自社のメディアやブログで企業の商品やサービスを紹介する副業です。自社のメディアやブログから商品を購入してもらえば、一定の報酬が入ります。

 

稼ぐためには、コンテンツを充実させたり、メルマガやSNSなどからの集客も行う必要があります。

うまくいけば、月収が100万円を超えるケースも珍しくありません。

 

とはいえ、コンテンツを充実させても集客に結びつかず、まったく稼げないリスクもあるので注意してください。

11.プログラミング

パソコンでの作業やプログラムに興味がある方にはプログラミングもおすすめです。プログラミングのスキルは企業側からの需要が高いため、1回の依頼で数十万円以上稼げる可能性があります。

 

さらに、副業で始めたのをきっかけにプログラマーへの転職も可能です。未経験者がプログラミングスキルを学ぶ方法は、オンラインでスクールに通う方法が一般的です。

 

スキルを身につけたら、マッチングサイトやクラウドソーシングサイトで仕事を受注します。

時にはバグの対応など苦しい作業もありますが、うまくプログラムが動けば、達成感も多いでしょう。

副業プログラミングの始め方は、以下の記事で詳しく解説しています。

【プログラミング初心者向け副業の始め方】案件を取得するまでの流れを徹底解説

コロナ禍で副業を選ぶポイント

副業をはじめる場合、コロナ禍の状況である点も踏まえて選ぶ必要があります。そこで、コロナ禍で副業を選ぶポイントを3つ紹介します。

  1. リモートワークでもできる
  2. 初期費用があまりかからない

順番に見ていきましょう。

1.リモートワークでもできる

新型コロナウィルスの影響がいつまで続くかわからない以上、なるべく感染しないように副業をしなければなりません。

そのため、リモートワークでも可能な副業を選ぶのが第一です。在宅でもできる副業であれば、他人と接触する機会も少ないため、感染リスクは減少します。

また、自分の都合に合わせて働きやすいといえるでしょう。

2.初期費用があまりかからない

副業をはじめる際、稼ぎたい金額の目標を立ててはじめる方も多いかもしれません。稼ぐためならと、最初から多くの費用をかけようとしていませんか?

しかし、最初は初期費用があまりかからない副業からはじめるべきです。万が一失敗した際、初期費用がかかりすぎると、多くのお金を失うからです。

また、支払ったお金を早く取り戻さないとならない気持ちが焦りを生み、失敗する可能性が高くなります。

最初は、0〜数千円以下ではじめられる副業を選びましょう。

コロナ禍でのアルバイトはあまりおすすめできない

副業をする際、アルバイトで稼ごうと考えている方もいるでしょう。アルバイトは時給制の仕事が多いので、確実に給料が発生しそうですよね?

 

ところが、コロナ禍ではアルバイトを選ぶのは、おすすめできません。その理由は2つあります。

  1. 他人と接触するアルバイトが多い
  2. 雇用先の企業が新型コロナウィルスの影響で求人を減らしている
多くのアルバイトは他人と接触しなければならないため、感染リスクが高くなります。アルバイト先で働いている方に、一人でも新型コロナウイルスの陽性反応が出ると、感染していない方も含めて出勤ができなくなる可能性があります。

 

さらに、雇用先の企業も新型コロナウイルスの影響で求人を減らしているため、なかなか採用されません。

コロナ禍では、アルバイトよりも副業を選んだ方がリスクは低いといえるでしょう。

コロナ禍は副業で稼いで生活を楽にしよう!

コロナ禍の状況では、これまでと同じ働き方では収入を上げにくくなっています。そのため、収入を上げたい方は、在宅でできる副業を中心に検討してみてはいかがでしょうか。

 

初期費用がほとんどかからない副業であれば、失敗したときのリスクもほとんどありません。隙間時間でもできる副業もあるので、ぜひはじめてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 税理士よしむらともこ/起業・副業の専門家 , 2022 All Rights Reserved.