講座依頼、取材依頼、執筆依頼、お気軽にお声がけください。

税理士に依頼するより安く!独学より確実に!確定申告オンラインプログラム

Googleアナリティクスができること5つ&有料版との機能面での違いとは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Google Analyticsとは、Googleのアクセス解析ツールです。検索エンジンのなかで最もシェア率が高いGoogleのツールは、サイト運営に欠かせません。

ただ、

Googleアナリティクスの名前しか知らない
具体的に何ができるのかよくわからない

と考える方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では以下のことについて解説します。

  • Googleアナリティクスでできること
  • どんな情報がわかるのか

この記事を読めば、Googleアナリティクスでできることがわかります。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

Googleアナリティクスでできる5つのこと

GoogleアナリティクスはGoogleが提供するアクセス解析ツールで、自分のサイトの状況を確認するために使用します。

では、どのようなことができるのでしょうか?

  1. 現在のアクセス状況やユーザーの流れがわかる
  2. アクセスしたユーザーの情報
  3. ユーザーの流入経路
  4. ユーザーの行動がわかる
  5. 目的の達成状況がわかる

順番に見ていきましょう。

1.現在のアクセス状況やユーザーの流れがわかる

リアルタイムをクリックすれば、サイトの現在のアクセス人数や時間ごとのアクセス数、見られているページがわかります。

さらに他にも5つの情報がわかります。

情報内容
地域どの地域からアクセスされているのか
トラフィックどのような経路でサイトにアクセスしてきたか
コンテンツ閲覧されているページ
イベントスマホあるいはPCのどちらを利用しているのか
コンバージョン商品の購入や問い合せの完了など目的通りに行動した人数や割合

これらの情報を確認すれば、現在のサイト内の状況を正確に把握できるので便利です。

2.アクセスしたユーザーの情報

オーディエンスを見れば、以下のようにサイトにアクセスしたユーザーの情報がわかります。

ユーザー期間内にサイトを訪問したユーザーの人数がわかる
セッションユーザーがサイトに訪問後、別のページへ移動する回数
ページビュー数サイトのページが表示された回数
ページ/セッション一度訪問したユーザーがサイトを離脱するまでに何ページ見ているかを表す
平均セッション時間ユーザーが訪問してから離脱するまでの平均時間
直帰率サイトに訪問したユーザーが最初に表示されたページのみを見てサイトから離れた割合
新規セッション率始めて訪問したユーザーの割合

また、ユーザーの性別やアクセスしているデバイス、過去にアクセスしたことがあるのかないのかといった情報までわかります。

 

ユーザー数やページビュー数は多ければ多いほどよい指標です。

理想的なサイト運営を目指すためには、一度アクセスしたユーザーに長時間サイト内にとどまってもらうようなページを作る必要があるでしょう。

ページ/セッションや平均セッション時間も重要ですよ!

3.ユーザーの流入経路

集客を見ると、ユーザーがどのような流入経路にサイトにアクセスしたのかがわかるようになります。

Orgnic Serch検索エンジンから
Displayバナー広告から
Direct直接URLを入力してアクセスしたケース
Other Advertisingバナー広告やリスティング広告以外の広告から
Referal他のサイト内のリンクから
SocialTwitterやInstagramなどSNSから
Paid Searchリスティング広告から
EmailEmail内のURLリンクをクリックしたケース

 

サイトへの流入手段は1つではありません。

 

GoogleやYahoo!などの検索エンジンだけでなく、バナー広告や他のサイトのリンク、SNSなどなどさまざまな流入経路があります。

 

これらの経路を知っておくことで、アクセスアップのためにさまざまな施策ができます。例えば、検索エンジンからの流入が乏しければ、SEOを行いアクセスを増やすのも1つの手段です。

 

また、バナー広告を出しているにもかかわらず、流入件数が少ない場合、他の施策に変更してもよいかもしれません。このように流入経路がわかればさまざまな対策を打ちやすくなります。

4.ユーザーの行動がわかる

行動を選ぶと、訪問したユーザーがサイト内でどのような行動を取っているかがわかります。例えば、各ページの閲覧数や滞在した時間、直帰率や離脱率、ユーザーが移動したページなどです。

 

滞在時間の長いページは、ユーザーもよく内容に満足している可能性が高いでしょう。そのため、問い合わせ用のリンクや商品の購入リンクを設置することで、クリック率が高くなる可能性があります。

 

滞在時間が短いページは、コンテンツの満足度が低いのかもしれません。コンテンツ内容を充実させたり、よりユーザーが満足するデザインや構成にすることで、滞在時間を延ばしましょう。

5.目的の達成状況がわかる

コンバージョンを選択すると、ユーザーがサイト内の目的通りの行動をしたかがわかります。そもそも多くの方は、以下のような目的のためにサイトを運営しています。

 

  • 問い合わせを増やしたい
  • 商品を購入してもらいたい
  • メールマガジンの登録を促したい

 

これらの行動はコンバージョンです。コンバージョンの数値が高ければ高いほど、サイトの目的を達成していることになります。逆にコンバージョンの数値が乏しい場合は、ユーザーがアクションをしやすいように誘導する必要があります。

Googleアナリティクスの有料版は何ができる?

これまでに解説した機能はすべて無料版の話です。無料版でも十分な機能ですが、さらに詳細な分析をしたい方は、Googleアナリティクス360も検討してみてください。

 

Googleアナリティクス360とは、月額130万円から利用できる有料プラン。

 

無料版との違いは2つあります。

  1. 緊急時の時間対応もできる窓口、導入や設定のサポートサービスなどを受けられる点。
  2. 月間ヒット数の上限が1,000万ヒットから10億ヒットまで増える点。その結果、大規模なサイトであっても、正確な分析がやりやすくなります。

Googleアナリティクスを使用する理由

Googleアナリティクスは、サイト運営をする方にとって欠かせないツールです。サイトに訪問したユーザーの流入経路やサイト内での行動について可視化できます。

 

そのため、Googleアナリティクスで得られた情報をもとに、アクセス数を増やしたり、ページの滞在時間を増やすための施策を打てます。

 

仮にユーザーの動きがわからなければ、なぜサイトから収益が発生しないのかその原因を突き止めるのは困難です。したがって、Googleアナリティクスはサイトをよりよくしていき、商品の購入や問い合わせの増加などの目的を達成するために必要なツールです。

まとめ:Googleアナリティクスは無料版でも十分

Googleアナリティクスは無料版と有料版があります。ただ、サイト運営をする方のほとんどは、無料版で十分でしょう。無料版でも、ユーザーの行動や流入経路など5つのことができます。

 

そして無料版の機能だけでも、サイトのPV数やコンバージョンの増加は十分可能です。

まずはGoogleアナリティクスを使ってみて、サイトのPV数が大幅に増加したら、有料版への切り替えを考えてもよいかもしれませんね!!
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 税理士よしむらともこ/起業の専門家 , 2021 All Rights Reserved.