講座依頼、取材依頼、執筆依頼、お気軽にお声がけください。

期間限定!小規模事業者持続化補助金のサポートプラン

【プログラミング初心者向け副業の始め方】案件を取得するまでの流れを徹底解説

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -

未経験者に副業プログラミングはやっぱり難しい?

副業を始めるまでにすべきことはあるかな…?

いざ副業としてプログラミングを始めたいと思っても、まずは何をしていけばいいのか、きちんとお金が稼げるのか気になる人も多いかと思います。

プログラミング初心者が副業を始める際には、スキルを取得するための勉強をしておかなくてはいけません。

また、必要なスキルを取得した後は、案件を獲得するための準備を進めなくてはいけないので注意しましょう。

本記事では、以下について解説しています。

  • 未経験でも副業プログラミングを始められる?
  • 副業案件を獲得するための方法
  • 副業で月5万円を目指す方法
  • 始める際の注意点

ぜひ参考にしてみてくださいね!

▼副業(複業)を検討している方、すでにはじめている方におすすめ▼

メルマガでは会社員のうちに起業準備/副業をはじめて、お金をかけずに最短で収入の柱を作り、会社員以外の選択肢を持つ方法や、副業の確定申告やお金の管理についてお役立ち情報を配信していますので、ぜひご登録ください。

メルマガに登録する

未経験者に副業プログラミングは難しい?現実は?

近年、システム開発などを担うIT企業の増加によって副業を始める人が増えており、IT関連の副業を始める人が増えてきています。

 

その中でも、人材不足などが原因でプログラミングの案件は増加してきているのが現状です。未経験者からプログラマーになる事例も多く、仕事に必要なスキルを習得して活躍する人は少なくありません。

 

何より、プログラミングの仕事は他と比べても時給・単価が高いことから、週末・土日だけ働きたい人にも最適な仕事です。

もちろんスキルを習得するまでには時間がかかるものの、決して不可能ではないのが副業プログラミングの現実です。

プログラミング初心者が副業案件を取得するまでの流れ

ではプログラミング初心者が仕事を獲得するまでには、一体何をしていけばいいのでしょうか?

この章では、副業案件を取得するまでの具体的な流れについて解説していきます。

  1. スクール・独学にてプログラミングを学ぶ
  2. 案件の多い言語を把握する
  3. 案件が受注できるサイトに登録をする

具体的に見ていきましょう。

スクール・独学にてプログラミングを学ぶ

副業案件を取得するためには、まずプログラミングについて学ばなくてはいけません。

スキルを取得するためには、「プログラミングスクールで学ぶ」もしくは「独学にて学ぶ」どちらかを選ぶ必要があります。

プログラミングスクールで学ぶ場合

最も早くスキルを習得できるのは、プログラミングスクールに通って学ぶこと。スクールでは現場で活躍している人が先生として教えてくれるので、案件取得に必要なスキルを最速で学べます。

 

ちなみに、有名なプログラミングスクールを紹介すると、以下の通りです。

スクールによって受講期間は異なるものの、基礎学習・実践学習を含めて3〜5ヶ月程度となっています。

受講料は高めとなっていますが、途中で挫折しないためのサポートをしてくれるので安心です。

独学で学ぶ場合

プログラミングは独学で学ぶことも可能です。専門書を読んだり、プログラミングに関連する無料サイトを見ながら学ぶ人もいます。

 

ただし、独学ではスキルの習得までに時間がかかります。

また、

仕事を探す際にスクールからの紹介を受けれない…
もう一人では限界…挫折しちゃう…

などのデメリットもあるので注意しましょう。

案件の多い言語を把握する

プログラミングで副業を始めていくのであれば、案件の多い言語も理解しておきましょう。

 

最低限の知識を身につけることは大切ですが、案件に繋がらない言語ばかり選んでいてはいけません。例えば、以下の言語は簡単なコーディングやWeb制作をする際に必要な言語となります。

HTML サイトを作成する際に必要となる言語
CSS HTMLの要素をどうやって収縮するかを決める際に必要な言語
JavaScript サイトの中で動きをつけたい時などに必要な言語 
PHP 動的なWebページを作る際に必要なスクリプト言語

案件によっては必要とならない言語も出てきますが、上記の言語であれば覚えておいて損はありません。

幅広い知識を持っておくのも良いですが、まずは基礎的な言語の理解を深めていきましょう。

案件が受注できるサイトに登録をする

最後に、案件が受注できるサイトには必ず登録をしておきましょう。

 

有名なサイトとして、『Lancers』や『クラウドワークス』など、仕事を依頼したい企業と仕事をしたい個人とをマッチングするクラウドソーシングサイトが有名です。

 

他にも、フリーランス専用のエージェントに登録をしておけば、専門のエージェントが代わりに仕事を取ってきてくれるので、案件獲得までのハードルが下がります。

エージェントであれば単価の交渉なども行ってくれるので、将来的にプログラミングで独立を検討している場合なども活用していくと良いでしょう。

副業プログラミングで月5万円を目指す手順

次に、副業プログラミングで最初のハードルとなる『月5万円』を目指す手順について解説していきます。

プログラミングスキルを身につけた後は、以下の手順に従って仕事をこなしていきましょう。

  1. 低単価の案件をこなして実績を作る
  2. 実績ができたらポートフォリオを作成する
  3. コミュニケーション力を身につける
  4. 直接クライアントと契約を交わす

それぞれ詳しく解説していきます。

低単価の案件をこなして実績を作る

プログラミング未経験者の場合、いきなり高単価の仕事を任されることはありません。

 

どれだけ知識があったとしても、実績ゼロの人に仕事を依頼したいという企業はほとんどいないでしょう。そのため、まずは低単価の案件をこなしていき、実績作りに励むことが大切です

実績を作っていくことで、仕事の受注率が上がるだけでなく、スキル面も向上していきます。

実績ができたらポートフォリオを作成する

実績が積み上がってきたら、次に実績を示すためのポートフォリオを作っておきましょう。

 

企業がプログラミング関連の仕事を依頼する場合、どれだけの実力があるかを見極めてから判断することがほとんどです。自分で作ったシステムや今まで請け負ってきた案件のコードを見せれる状態にしておくのが重要となります。

 

さらに、企業によって求めている能力が異なったりするので、使用した言語ごとに分けて整理しておくことも大切です。

コミュニケーション力を身につける

プログラミングの副業に限らずですが、コミュニケーション力は大切なスキルになります。

 

普段から企業が求めているものは何かを考え、耳を傾け、完成イメージとズレがないようにする必要があります。

 

案件を獲得したら、積極的に連絡を取り合ってアピールをしていきましょう。

直接クライアントと契約を交わす

 

直接クライアントと契約を交わせるようになれば、ほとんどの場合、報酬単価が高くなります。

 

クラウドワークスやエージェントを利用すると仲介手数料が取られるので、そのぶん報酬が減ってしまうデメリットも生じてしまうのです。

 

そのため、1度仕事を終えたとしても、クライアントとコンタクトを取れる状態にしておきましょう。

繋がりを持っておくと、新たに仕事を任させる可能性も高くなりますよ!

副業プログラミングを始める際の注意点

最後に、副業にてプログラミングの仕事を始める際の注意点について解説していきます。

  • スキル習得には最低でも2〜3ヶ月かかる
  • 実務経験がないと良い仕事は見つからない
  • 副業の所得が年20万円以上なら確定申告を行う

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

スキル習得には最低でも2〜3ヶ月かかる

他のIT関連のスキルに比べて、プログラミングのスキルを習得するまでには時間がかかるというデメリットがあります。

スクールに通ったとしても最低で2〜3ヶ月はかかり、独学となると半年以上かかることも少なくありません。

全くの未経験者だった場合、副業をスタートするまでには時間がかかるので注意しましょう。

実務経験がないと良い仕事は見つからない

先述したように、実務経験がないといい仕事は見つからないのが現実問題としてあります。いざ高いスキルを習得しても、現場で役立つかどうかは判断できません。

 

まずは低単価の仕事をこなしていきつつ、実務経験を増やしていくことが大切になります。

 

もし案件が見つからない場合は、無償で仕事を請け負ったり、友人やスクールからの紹介を頼りにするなどの対策を取りましょう。

副業の所得が年20万円以上なら確定申告を行う

本業とは別で副業の収益が年20万円を超えそうな場合は、確定申告を行うようにしましょう。

 

副業の収入については、年末調整の対象外となるので、原則自身で確定申告をしなければいけません。確定申告を忘れてしまうと、会社にバレるリスクが生じたり脱税となる恐れもあるので注意が必要です。

確定申告について詳しく知りたい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

バレない対策も!副業・複業するなら知らないと損する社会保険と税金 確定申告のやり方まで徹底解説

まとめ

プログラミング未経験が副業案件を獲得するための方法や副業で月5万円を目指す方法、注意点について解説していきました。

副業を始める際には、スキルを取得するためにも勉強をしておかなくてはいけません。

 

また、必要なスキルを取得した後は、案件を獲得するための準備を進めなくてはいけないので注意しましょう。

ぜひ本記事を参考に、副業プログラミングがスタートできることを祈っています。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 税理士よしむらともこ/起業・副業の専門家 , 2022 All Rights Reserved.