講座依頼、取材依頼、執筆依頼、お気軽にお声がけください。

税理士に依頼するより安く!独学より確実に!確定申告オンラインプログラム

ノーリスク(ローリスク)で起業はできる?リスクを減らして起業する方法をご紹介

 

この記事を書いている人 - WRITER -
起業するなら、可能な限りノーリスクでお願いしたい…
リスキーな起業だけは避けたい…安心・安全な起業をしたい…

これから起業をするにあたって、できる限りリスクを減らして成功をおさめたいという人も多いかと思います。

 

ただ結論を言うと、まったくのノーリスクで起業することはできませんノーリスクに近い状態で起業をすること(ローリスク)は可能ですが、少なからずのリスクは伴うので注意が必要です。

 

そこで本記事では、ノーリスク(ローリスク)起業についてまとめつつ、起業をしたい人が持つべき考え方についてまとめていきます。

ノーリスクに近い状態で起業をする方法についてもまとめているので、少しでも失敗せずに起業をしたいと考える方はぜひ参考にしてみてくださいね!

ノーリスクで起業できる?

先述しましたが、まったくのノーリスクで起業することは難しいでしょう。

でも、こんな不安定な状況下にありますので、リスクをとらずに起業・副業しようという考え方には、賛成です!!

 

起業とは「新しく事業を起こすこと」を意味しますが、事業を起こすためには自分の時間やお金などを投資する必要があります。

 

例えば、会社員が起業をするとなった場合、すぐにスタートすることは難しいかと思います。PCや資金など事業に必要なものを用意したり、商品やサービスを決めるなど事前準備が必要です。しかし、集客の導線・サービス提供までには時間がかかることもあり、事業内容によっては多額のお金が必要になることも少なくありません。

 

起業に費やした時間やお金は戻ってこないので、少なからずリスクを背負いながら起業を目指す必要があります。

「ノーリスクで起業したい」と考える人が持つべき考え方

起業を思い浮かべている人のほとんどは、

できるかぎりノーリスクで起業したい

と考えていることでしょう。

 

まずは自分にとって何がリスクになるのか、起業の在り方を考えなおす必要があります!

全てのリスクがマイナスになるわけではない

起業をした場合、以下のようなリスクが考えられます。

  • 自分の時間をただ浪費するリスク
  • お金を無駄にしてしまうリスク
  • 大切な人と一緒にいる時間を作れなくなるリスク
  • 今の仕事がなくなってしまうリスク

 

起業をした場合は少なからずリスクを伴いますが、全てのリスクがマイナスになるわけではありません。

 

例えば、起業に向けて自分の時間やお金を浪費してしまったとしても、『起業をしたという経験値』は残ります。『起業をしたという経験値』は普通の生活では手に入らないものなので、大きな成果と言えるでしょう。

このように、起業というリスクをとったおかげで失うものがある反面、

リスクを取らなくては得られないものもあるのは事実です。

でも、起業・副業したいな・・と思い現状を変えたいな・・・とずっと思っているのに、行動しないから現実がいつまでも変わらない・・というリスクもあると思います。

起業の形を見直してみる

ノーリスクで起業をしたいと考えるなら、起業の形を見直すことも大切です。

 

起業と聞くと「会社を作る」とイメージする人も多いでしょうが、起業は以下のようにさまざまな種類があります。

自宅起業自分の家を事務所として起業する方法
副業(週末)起業副業の経験を活かして、そのまま起業する方法
1万円起業事業資金1万円という少資金で起業する方法
SNS起業SNSを利用し、スマホ1台で起業をする方法

上記のように、起業の形は昔に比べて大きく変化してきました。

 

起業のハードルは大きく下がってきており、種類によってはリスクを極限まで減らせれます。

やりたいビジネスモデルによって起業方法も異なりますが、リスクをとりたくなければ、『まずは小さくはじめて大きく育てる』のがオススメです。

「起業したいけど失敗はしたくない」そんなあなたに。メルマガでは、リスクを最小限に抑えながら、会社員のうちに始められる起業方法について役立つ情報をお届けしています。ぜひこちらからご登録してくださいね。

絶対にリスクをとりたくない 失敗しない起業・副業にしたければ、「勝率が高い=失敗しないビジネスモデル」でやってみよう

起業・副業したいけど、何を売ろうかって特にきまってないし、わからない・・・・
という方は「リスクなく起業したい」という方の中に、すごく多いです。
 
 
もし、ある意味売るものにこだわりがないのでしたら、
 
「勝率が高い=失敗しづらいビジネスモデルからはじめてみるというやり方もあります!!
 
勝てるビジネスモデル??????
 
 
リスクが少ないビジネスモデルは、具体的には、『利幅が高い商品を売り、固定費がかからないビジネス』です。このうち、1番はじめやすいのは、「コンサルティングサービス」です。
 
ご自身のいままでの経験やスキルからサービスを作り、まずオンラインでコンサルティングサービスを提供してみるのがオススメです。
 
身一つでできるので、家賃などの固定費をかからないのがよいところです。
 
 
 

ノーリスクに近い状態(ローリスク)で起業家を目指す方法

まったくのノーリスクで起業することは困難ですが、ノーリスクに近い状態(ローリスク)で起業を目指す方法はあります!
  • まずは副業などの小さなビジネスから始める
  • お金では得られない人間関係を大切にする
  • お金について理解を深める

それぞれ詳しく見ていきましょう。

まずは副業などの小さなビジネスから始める

起業でできる限りの失敗を回避する方法として、まずは副業などの小さなビジネスから始めるようにしましょう。

 

なにも経験がない状態で、まだお客様が一人もいない状態で起業をするのは、オススメしません。でも、副業なら、もし失敗をしたとしても最小限のリスクで抑えられるだけでなく、時間をかけて自分にピッタリのビジネスを見つけることも可能です。

さらに、副業であれば会社員として働きながら挑戦できるので、気軽な気持ちで起業に向けた準備ができますね^^

自分がどんなビジネスで起業するか決めていないという人は、さまざまな副業に挑戦をして適性を確かめるのも手段の1つです。

お金では得られない人間関係を大切にする

少しでも起業のリスクを減らしたいのであれば、お金では得られない人間関係を大切にしていきましょう。

 

人とのつながりを大切にしていれば、仕事を紹介してくれることが増えるだけでなく、自分の事業に協力してくれる場合があります。他にもすでに起業している経営者とつながりを持っていれば、仕事についてアドバイスをもらえることもあるので、リスクを減らすことが可能です。

 

ただ、さまざまな人とつながりを持っていくためには、自ら交流を増やしていくという行動力が必要となります。

相手に信頼されるための行動をとっていくことで、少しずつ周りの人が協力してくれるようになるでしょう。

お金について理解を深める

起業をしていくのであれば、お金について理解を深めておきましょう。

お金について詳しく学べば、起業する際に余計な出費をしなくなるだけでなく、利益を生み出すための施策を考えられるようになります!

例えば起業しようと思った際には、以下の内容について詳しく知らなくてはいけません。

  • 事業資金の集め方
  • 補助金制度の活用方法
  • 税金(所得税や住民税など)の支払いを抑える方法

 

事業資金の集め方や補助金制度の活用方法を知ることで、起業に必要な資金を集めることも可能です。また、税金の支払いを抑えるための節税対策を知っていれば、無駄な出費を抑えることにもつながるでしょう。

このように、お金の理解を深めていけばリスクを最小限に抑えることにつながるので、起業前にぜひお金の勉強をしておくのがおすすめです。

まとめ

ここまで、ノーリスク(ローリスク)で起業できるかどうかについて解説しつつ、リスクを最小限に起業家になる方法についてまとめました。

 

起業とは多少なりのリスクを伴うものですが、『起業したという経験値』は得られるので、どちらにせよプラスに働くことがほとんどです。また、起業のハードルは年々下がってきているので、まずは小さなビジネスを始めて起業するかどうかを検討してみてはいかがでしょうか。

人とのつながりを大切にしつつ、お金について理解を深めておけば、ノーリスクに近い状態(ローリスク)での起業も夢ではありません!

利幅が高い固定費のかからないビジネスからはじめてみるのもオススメです。

堅実な起業を少しずつ、でも確実にはじめたい方のためのオススメ記事

それでは。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 税理士よしむらともこ/起業の専門家 , 2021 All Rights Reserved.