講座依頼、取材依頼、執筆依頼、お気軽にお声がけください。

税理士に依頼するより安く!独学より確実に!確定申告オンラインプログラム

税理士が教える会社員の起業(副業・複業)成功のポイント 売上を作るWEBマーケティング編

 

この記事を書いている人 - WRITER -
コロナの影響で会社の業績悪くて、ずっとこの会社にいられるのかな、そもそもいたいのかな~って考えちゃう、副業や起業も興味はあるけど、何をすればいいかわからないし、そもそも売るものがないよ。
自分で稼ぐことができれば、今すぐでも会社は辞めたいんだけどなぁ・・・・でも、あやしい副業じゃなくて、安心安全な副業のやり方が知りたい

 

最近、以前にもまして会社員の方からの起業準備や副業(複業)のご相談をたくさんいただくようになっています。

 

この記事をよむと、わかるようになることはこちら↓↓↓

  • 起業のメリット・デメリット→なぜ会社員が今、働きながら起業する必要があるのか
  • 会社員で働きながら起業準備するときの注意点 安心安全な起業/副業を
  • 税理士が自ら実践した最短で成果を出すお金をかけないWEBマーケティングの方法(会社員にオススメの方法中心に)
  • 絶対成功する女性起業のポイント6選

目次:気になるところだけ読む

会社員の起業の検討が増加中 わたしがこの記事を書いた理由

私自身は、開業して3年目になりますが、その前は税理士法人でサラリーマン(会社員として勤務した経験があります。なので会社員の方が抱える漠然とした不安や疑問、やり場のない閉塞感など、お気持ちわかります!!

 

・「この会社にずっといても大丈夫?」

「もうちょっと稼ぎたいな~~もっと自由に働くことができたらいいのに」

「自分の本当の気持ちはここの会社にずっといたいのだろうか?


私もこんな気持ち↑↑でした。

でも、自分で開業して180度いい方向に変わりました!起業して1番よかったのは、すべて自分のことは自分で決められるコト、2番目は、俗っぽい言い方ですが、時間もお金も自由になったコトです。


ですので、会社員の方も迷っているなら、今すぐでも

『会社員以外の選択肢を持てるように、働き方を変えたほうがいい!!』と強く思っています。

 

とはいえ、

ずっと会社員できてるし、何を売ればいいかもわからないし、そもそもまず何をはじめればいいか全然わからない!!


というお悩みも知っているので、会社員の起業(副業・複業)の成功のポイントと 売上を作るWEBマーケティングのやり方についてまとめてみますね。

 

単なるノウハウではなく、1,000件以上の起業や経営相談にのってきた経験から私自身のWEBを使って事業を軌道に乗せた経験と起業がうまくいく人、うまくいかない人の特徴なども混ぜて、赤裸々に(笑)書いてみます。

働きながら起業を検討している方は、起業のメリットとデメリットを考えよう

まず、本題に入る前に、起業のメリットとデメリットについて考えてみましょう起業のメリットデメリットを考えるために、先に会社員(サラリーマンのメリット・デメリット)を考えてみましょう。

 

ここがしっかり腹落ちすると、起業は検討していても、なかなか行動に移せないと躊躇していらっしゃる方も、「今、うごかないとまずい」と気づき、行動できるようになります!!

会社員(サラリーマン)のメリット

①安定していること

会社員は、毎日会社に通っていれば、毎月一定額のお給料が入ってきます。これはすごく大きいメリットですよね。

 

正社員でいれば、雇用契約で守られています。ですので、たとえば会社側が万が一、従業員にやめてほしい・・・と思ったときですら、解雇は簡単にはできない制度になっていますしね。

 

②福利厚生(退職金、健康保険、厚生年金、社宅など)

 大きな企業の方が、お金があるし昔からの制度が整っているので、福利厚生は自営業よりも断然、手厚いです!!健康保険や厚生年金も会社が1/2を負担してくれていて、残りの1/2を皆さんが負担するためにお給料から天引きされるときまりになっています。半分会社負担はオトクな制度ですよね。

 

社宅も福利厚生です。会社が用意してくれた家に、家族とすごいお得な金額で住める。これも会社が福利厚生の一環として、家賃の一部を負担してくれているからです。

でも、この福利厚生って会社の業績などにも左右されない??
たしかにそうなんです!!この会社員のメリットは、あくまでも会社の業績がよければ続くメリットなのです。

 

たとえば、退職金も昔の退職金制度は、会社がもう維持できないから、最近は、『一定額渡すから自分で運用してね』という確定拠出年金という制度に移行する会社もふえてますね。それに、社宅制度を廃止しますという会社も多く見受けられます。

 

でも、会社の業績がいい限りは、安定してお給料がもらえるし、福利厚生で手厚い待遇をうけられるということですね。

 

会社員(サラリーマンのデメリット)

①会社が倒産したら自分も大きな影響を受ける

最近は、コロナの影響や日本の経済の状況から、業績が悪い起業も増えてきていて、自分はこの会社にいつまでいることができるのか不安に思う方も多いのではないでしょうか。。

勤めている会社が業績が悪かったり、最悪の場合、倒産したりしてしまえば、自分も勤務条件が悪くなったり、職を失ったりすることになります。

 

②仕事相手を選べない

上司、同僚、取引先を自分で選ぶことができません。人の悩みの9割は人間関係と言われています。この中で、自分で好きな人だけ、ピックアップしてつきあうのは、難しいです。

 

③ルールが多いので、自分だけできめられない部分が多い

出社時間 退社時間 社員旅行や飲み会など。目にみえるルールもあるし、暗黙のルールもあって、縛りが多く、自分の意思だけで決められないことが多いです。

会社員が起業する場合のメリット

会社員が起業する場合のメリットをみていきましょう。

①経済的にも時間も自由になる!場所も自由!

お給料や時間に縛られない生き方ができるようになります。業種によりますが、場所も自由な確率が高いです。

②収入に上限がない!自分次第 報酬は自分できめられる!

取引する金額は自分で決めることができるので、収入に上限がありません。

③価値観のあう人と仕事ができる 

会社員だったら、上司や同僚は基本的には選べませんが、自営業は自分の取引相手・一緒に働く人は自分で選ぶことができます。

会社員が起業する場合のデメリット

次は会社員が起業する場合のデメリットをみていきましょう。

①安定しない

毎月一定額のお給料が保証されているわけではないので、働かなければ収入がなくなります。また仕事の量が多い時期 少ない時期などに左右されることも業種によりあります。

②福利厚生がない

福利厚生って基本的には従業員を働きやすくし、癒すための費用です。

税法の考え方として、個人事業主本人に対する福利厚生ってないのです。あくまでも従業員のためのものなんですね。当然、退職金も自分で用意しなければならないです

 

③すべて自分の責任というリスクがある

受けたお仕事で損害をだしたら、いままでは会社の責任でしたが、自分の責任にあります。最悪の場合、損害賠償も含めて責任をとる必要があります。

会社だけに頼って、ずっと暮らしていく時代は終わりを迎える

業績が厳しい会社も増えてますし、会社員のメリットは今の時代においては揺らぎつつありますよね。一方、起業のデメリットは、しっかり稼げば払拭されるものが実は大半です!!

 

これからは、会社に左右されず「個人」が自分で稼ぐことがマストになる時代です。厳しい時代にはなりますが、『個人で稼ぐスキル』が、自分の生きたい人生を生きて、自分の叶えたい未来を叶える一歩になると思います。

 

今の会社以外にも生きていける選択肢(収入)をもつため、今、副業・起業をはじめてみましょう。起業準備においては、会社員でいることが実は大きなアドバンテージになります。

 

いきなり会社をやめずに、働きながら起業・副業をはじめましょう。それがうまくいってさらに事業展開をしていこうと思ったら、その時に会社は辞めればいいと思います!!

税理士吉村知子の自分の話:起業3年目 今感じていること

私自身は個人で税理士で開業して3年目になりますが、本音を言うと・・・・・・

起業して1個も悪いことなんてないです。自分で始めて本当によかったなと思います!!

いいなと思うポイントはこちらです。

  • お金も時間も自由。楽になりました。会社員の時と比較して、収入もかなり増えました。働く時間も平均1日8時間くらいになりました。(残業100時間が嘘のよう(笑))
  • 子供との時間が増えました。熱をだして、急遽病院に連れて行くなども融通がききます。
  • 決定権は自分にあります!
    どんな仕事がしたいかも、どんな人と仕事がしたいかも自分で決定できます。自分の好きなお客さんも選べるので、素敵なお客さんばかりになりました。

会社員が働きながら起業(副業)商品作りから売上を作るWEBマーケティング

それでは、会社員の方におすすめな「会社員をしながら、起業(副業)のやり方」を順番に説明していきますね。以下のポイントに絞ってまとめます。

  • リスクゼロでいくための注意点
  • 商品の作り方
  • WEBマーケテイングのやり方
  • 女性起業の成功のポイント

STEP0:会社員の起業(副業・複業)はリスクゼロですすめよう 注意点

・勢いよく会社をやめてしまわないこと!会社員と起業の両立からはじめよう

オススメしないのが、いきなり勢いよく会社をやめてしまうケースです。この後、説明しますが起業準備の道のりは短くはないです。なので、まだ売上があるわけでもない。

未来を描くことができていないのに、いきなり会社をやめてしまうケースはオススメしません。会社員でいることを逆にしっかり活用していただいて、起業への助走期間にしてください。

・副業をやるといってやらないケースが多い!

このケース本当に多いです。私が過去に行った副業(複業)セミナーの参加者でみると、30名参加してくださったうち、

実際に起業準備(副業)の行動しているのは1人いるかいないかでした。みなさん、当座は困っていないからまだ動かないというケースが多いです。

STEP1:会社員の起業(副業)アイデアがない もう自分には売るものがないと悩まない

では、実際になにをしていくかみていきましょう。会社員のうちに起業準備(副業)することは決めた。つぎに多くの人が悩むのは、

私には、起業のアイデアも売るものなんてない。特別な経験もスキルもないし・・・・

大丈夫です。3つの角度からの商品候補とそれでもどうしても自分には売るものがないという方向けの具体的な商品例も考えてみました。

会社員の起業(副業・複業)の商品アイデア 3つの視点から考えよう

会社員の方が、起業する方法は大きく3つにわけることができます。

①今あるスキルを自分の商品・サービスとして売る

ご自身のスキルや経験をベースに自分の商品を作り、売る。売れるスキルは、たくさんあります。よくみる具体例を挙げておきます。

  • バックオフィス業務(経理代行や領収書の整理など。経理をやっていた方)
  • セールスサポート(営業スキルを売る)
  • カウンセラー(相談に乗る。夫婦カウンセラー、子育て、婚活カウンセラーなど 話をきいて、解決に導く)
  • コーチング(子育てアドバイス、婚活のコーチング、相談者の中ある答を一緒に引き出していく)
  • コンサルティング…(マーケティングのコンサル、WEBコンサル 人見知りコンサル お会いしたことがあります。)

会社員が起業(副業)で始める場合、最初が原価がかからないものがおすすめです。なので、コンサルティングやカウンセリングなどは身一つでお金をかけずにスタートできるのがよいところです。

②新しくスキルを身に付けて売る

  • WEBマーケティングのスキル習得のため、学校に通う
  • 動画制作・編集を学ぶ
  • WEBデザインなど
  • 中小企業診断士(試験は難しい)

たくさんありすぎるので割愛しますが、やりたいことがある場合は新しいスキルを身に着けるのもよいと思います。

③他人の商品を売る

自分には売れる/売りたいスキルや経験もないし、新しいスキルを売るつもりもないという方は、③の他人の商品を売るという方法もあります。

 

具体的には、例えばブログでGoogle AdSense を使用してウェブサイトを収益化、メルカリ物販などをしたり、アフィリエイトなどの広告収入などがこれに該当します。

 

ただし、今回のテーマの起業準備(副業)の目的というのは、「会社に依存しなくても自分で、生きていける」ということです。Google AdSenseやアフィリエイトは、他人の商品の宣伝をもとに入ってくる収入になります。そのため、売上がたくさんあっても、その商品がなくなった瞬間から、その収入がなくなってしまう恐ろしさがあります。他人の商品に依存していることになってしまいます。

ですので、私のオススメは自分の商品を売ることです。

会社員の起業(副業・複業)のオススメは①自分の商品を売ること

私のオススメは①今あるスキルを自分の商品・サービスとして売るです

個人的な意見ですが、30年も40年も50年も生きて働いてきて、「売るものがない人なんて絶対にいない」と思います!!

でも、会社員の方からのご相談でいつも共通している「売るものが自分にはない」という悩みについて。

 

売るものがないと思うのは、ご自身が属している大きな会社が売るようなハイレベルな(超完成された)商品でないと販売できないという思い込んでいるからです。その思い込みのハードルを下げる方法があります。

 

一度WEB検索(SNSもオススメ)で”個人起業家がどんな商品を実際に売っているかをリサーチ”してみましょう。意外にも自分の今もっているスキルや経験が武器になり、サービスとして提供している方がいることに気づくはずです。

つまり、自分が思うほど超完成された商品でなくても、個人起業の世界では十分役立てるし、お金を稼げるということがわかるはずです!!

どうしても売るものがないと思う人は、ビジネスサポート(お金を稼ぐことをサポート)することをするのがオススメ

それでもどうしても自分には売るものがないと思う人は、「ビジネス」のジャンルが参入しやすくおすすめです。

「ビジネス」はお金を稼ぐことのサポートがメインです。

今、個人でも起業する方が増えているので、ニーズが高いです。色々な仕事が考えられます。

 

例えば、ブログ運営や動画編集 ライティング 広告運用 コンテンツ制作 リサーチ PRなど。これらは参入障壁が低く、初心者でも手をつけやすい領域です。個人起業家がお金を稼ぐことにつながることのサポートなので、お金も稼ぎやすいです。

 

実際、私が今お願いしているコンテンツ制作の方や動画編集の方 広告運用の方はみなさん、この1.2年で未経験から自分で始めた方ばかりです。

サービスを受けて、本当に助かっていますし、みなさん結構稼いでらっしゃるな~とみてて思います(笑)

STEP2:会社員の起業 最短で成果を出すお金をかけないWEBマーケティング

ここでは、『会社員が最短で結果を出す、売上をあげるためのWEBマーケティングのやり方』をお伝えします。

WEBマーケティングとは、WEB上で理想のお客様に出会うこと、開拓すること

 ポイントは3つです

  • 最初からお金をかけすぎない。お金をかけなくても集客をすることは十分可能です。
  • WEBマーケティングには色々なツールがありますが、あちこち手をださないこと。
  • 細くてもいいので、1本の売れる導線を作るイメージを強くもつこと。

個人起業×WEBでオンラインで収益をつくるスキルというのは、これからの時代に絶対にはずせないスキルです。

会社員の起業(副業・複業)のためのWEBマーケティング概要

こちらがWEBマーケティングの概要図です。必要なツールもこの図にのっています。

個々の説明はこの後しますが、左から右にむけて商品を売る1本の線を作る 商品の売れる線をまず1本通すことを会社員の起業準備(副業)で行ってほしいです。

1本の細い線???

そうです。この道が商品を売るための導線となります。とてもざっくりとした図ですが、王道のWEBマーケティングを簡単に表しています。イメージをもってくださいね。

会社員の起業(副業・複業)のためのWEBマーケティングツール メルマガ 

この表で1番大事と覚えてほしいのは、すべての導線を「メルマガ登録」をしてもらうために行うということです。この後説明するブログもSNSも何のために行うかというと、メルマガ登録をしてもらい、あなたがメルマガリストを獲得するために行ってください。

今さらメルマガなの??古くない??
古くないです。メルマガリストは顧客名簿です。財産になります。ラインはプラットフォームに依存することになるので、ラインをやめると顧客リストは残らないのですが、メルマガはメールアドレスとして残ります。

たしかにラインは開封率はメルマガより高いです。でも、成約率(顧客が買ってくれる)割合はメルマガが圧倒的に高いというデータがあります。(特に高額商品の販売に強い)

会社員の起業(副業・複業)メルマガはプッシュ型メディア

メルマガは、『プッシュ型メディア』と言います。『攻めのメディア』なんて言われたりもしこちらから売り込んでいくことができます!

 

つまり、1体1で、こちらから、『こんないい商品あるよ~ 買いませんか~~?』と売り込んでいけます。どういうことかというと、どんなにいい情報をまとめてあっても、ブログやYOUTUBEはみにきてもらわないといけませんが、メルマガは自分から売っていけることが最大の強みなのですね。

  • メールマガジンは、WEBマーケティングにおいては必須のツール。
  • プッシュ型メディアなのでこちらから1対1で商品を売っていくことができる
  • メルマガの顧客リストが財産となる

会社員の起業(副業・複業)WEBマーケティングツールの軸はブログ なぜブログなのか

私は、会社員のまま働きながら起業しようという方には、特に「ブログを軸にしたWEBマーケティング」をオススメしてます。

 

その理由は以下の通りです。

①会社員でも、取り掛かりやすい

会社員でもコツコツと準備が進めやすく、また副業を推進していない会社で働いている方でも顔を公開することなく、取り組むことも可能です。

②ストック型メディアであり、WEB上に資産を作ることができる

ストック型メディアとは、コンテンツが蓄積されるメディアのことで、ブログやYouTubeなどが代表

つまり、1度書いた記事がよい記事であれば、何年たってもたくさんの人に読まれ続け、そこから売上の獲得につなげることができます。1度かいた記事がWEB上の財産になります。

③検索エンジンの力を使うことができる

ポイントを押さえて記事を書くことで、検索上位に表示されるようになります。検索上位に表示されるようになると、何もしなくても1日たくさんの方が自分のブログを訪れてくれることになります。

 

自ら集客をしなくても365日24時間あなたのかわりにお客様を呼び込んできてくれている、つまり、自分が実働しなくても、WEB上で売り上げができる仕組みが作れると考えると、大きな効果です。インフルエンサーでなくても、ブログで価値のある情報を提供することで、検索上位にして、たくさんの人にみてもらうことができます。

④コストがほぼかからない

ブログはワードプレスで作成することをオススメしてますが、年間3万円程度の費用で行うことだできます。

会社員の起業(副業・複業) WEBマーケティングツール ブログに何を書くのか

ブログに何を書けばいいの?

ブログは、何を書いてもOKというわけではないです。ここから『しっかりと売上につながる記事』を書かなくてはいけません。ブログにはこんな内容を書きましょう。

  • 自分の商品を買う人の悩みを解決する記事 ノウハウなどの役立つ記事
  • 自分の人柄や趣味がわかる記事もたまに入れるといい
  • 売る商品に付随する知識の専門家としての記事や実績をブログに乗せる

ブログでは、自分の商品(サービス)に関する分野の専門家になることをめざしましょう。

 

そのためにセミナー実績や質の高い記事をたくさん積み上げていきましょう。専門家なんて、恐れ多い!!としり込みする気持ちもわかりますし、私も実際そうでした。

 

でも、ブログを書くという過程で自分の棚卸にもなるし、周辺知識を調べて書くことになりますので、自然とスキルアップにもなります。私も、実際に記事を書くことで、たくさんの知識やスキルを追加で習得することができたように思います。

  • 「あなたの扱う商品に関連する小さな分野の専門家」を目指してブログを書こう

ブログは、キーワードをしっかり選定してタイトルや見出しにいれていくのが大切

ブログは、実はやみくもに記事を書いても意味がありません。インフルエンサーでもないのに、日記のような記事を書いても、ほとんど意味を成しません。

ランチに○○食べました~~とかが注目されるのは、有名人だけだよね。

 

 

小さな専門家という地位をWEB上で確立するには、未来のお客様の役に立つ内容の濃い記事を書くだけでなく、自分のところに来てほしいお客様に読んでもらう必要があります。

 

つまり、WEB上で検索上位に表示されるように書く必要があるわけです。そのために大切なのは、検索エンジンに表示されるようなタイトルに見出しのつけ方・キーワードの選び方が重要となってきます。

タイトル???

この下の図のオレンジの枠の部分がタイトルです

 

見出し???

この下の図のオレンジの枠の部分が見出しです。H1とかH2という部分のことです。

このタイトルや見出しにあなたの記事にあったキーワードをしっかり入れていきましょう。あなたの記事にあったとうのは、あなたの記事を読んでほしい人、つまり商品を買ってほしい人が実際に検索する言葉です。わからなければ、実際にまわりの人に聞いてみるのものオススメです。

 

よくある失敗例で、一般人にむけて商品を売りたいのに専門家が使う難しい用語を使って書いている。たとえば、一般の方にきてほしいと考えている整体師さんが、腰痛の記事を書くときに、『変形性脊椎症』という専門用語を使って、一生懸命記事を書いてしまう。 

 

一般の人は腰が痛くてWEB検索をするときに、専門用語のような難しい言葉は使いません。おそらく、「腰痛い 原因」とか「腰痛い ストレッチ」とか普段使う言葉で検索するはずです。だから、その『普段使う言葉』でタイトルや見出しを作る必要があります!!

  • 来てほしいお客さんが実際に検索する言葉と関連するワードをタイトルや見出しにいれる。
  • 検索意図とぴったり合う記事を書く

具体的にキーワードの探し方をみていきましょう。

ラッコキーワードを使って、ブログのタイトルと見出しのキーワードを選定しよう

ラッコキーワードいれると、自分の書きたいキーワードの関連のキーワードがわかる無料ツールです。

WEB検索で、『ラッコキーワード』といれてページを表示します。

このツールを使うと 実際にその言葉でどんな記事が上位にあがっているかわかります。

そこで、検索の枠に調べたい言葉を入れます。↓↓オレンジで囲ってある部分ですね。

ここで大切なのはビッグワードは狙わないこと。 例えば、税理士がブログを書く場合でいうと「確定申告」というキーワード。ライバルが多すぎて、いくら一生懸命書いても検索上位にはあがりません。「確定申告 経理」のように二語で探してみるのがおすすめです。

下記が二語で検索してみた結果です。

オレンジの線の中が、「確定申告 経理」と一緒に検索されることの多い「関連するワード」になります。

オレンジの線の中の黄色の丸をクリックすると、「確定申告 経理」という言葉で検索されたページ結果が表示されます。↓↓
上の方は広告なので無視しますが、オレンジの枠以下の記事をよく読んで、この記事を『超える記事』を書いていきましょう。

超えるってどういう意味?

上位に表示されている記事は、ニーズがある記事です。当然内容も濃いはずです。なので、その記事を超えるつもりで質のよい濃い内容の記事を書きましょう!!

 

難易度高く感じるかもしれませんが、何記事か書いてコツをつかむと、検索上位にあがる記事を書けるようになってくるから心配いりません。

ブログを書いた後は分析ツールをしっかり活用してお客様のニーズをリサーチしよう

ブログ記事を書いた後は、無料の分析ツールを活用しましょう。活用してほしいツールは2つあります。

①ブログの分析ツール Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、Googleが提供している無料アクセス解析ツールです。ご自身の ブログに設置することで以下のようなことがわかるようになります。

  • 現在、何人の人がブログを閲覧しているのか
  • 毎日のアクセス状況はどうなっているか
  • ブログに来た人の滞在時間
  • 訪問者がどこからやってきたのか(検索、SNS、他のサイトなど )
  • 訪問者がどれくらいの時間とどまってブログを見ていた

Googleアナリティクスの設置と初期設定はXサーバーの記事でも解説されていますので、是非参考にしてください。

②ブログの分析ツール Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールは、検索順位等をするための無料解析ツールです。

  • ブログのページビュー(PV)やアクセス数
  • 掲載順位
  • どのような検索ワードでブログにたどり着いたか

サーチコンソールの設置方法は、Xサーバーの記事で解説されています。

異なる役割の解析ツールなので、必ず2つとも活用しましょう!!

Googleアナリティクス・・・・Webサイトへのアクセスを解析するツール

Googleサーチコンソール・・・・・・WEBサイトそのものを解析するツール

会社員の起業(副業・複業)WEBマーケティングツール SNS

ブログと並行してSNSを活用していくのがオススメです。自分の売りたい商品にあったSNSを選んで発信していきましょう。会社員だから今は、顔は出したくない方は、顔写真のかわりにイラストなどの画像を使いましょう。

 

キーワードを絞ってブログ記事をうまく書いた場合でもWEB上で検索上位にあがってきるまでには、3カ月くらいは時間がかかります。

 

3カ月待っているのはもったいないので、先にブログ記事書いたことをSNSで拡散して、アクセスを自分で作りましょう。

税理士が教える 絶対うまくいく!女性起業の成功ポイント6選

うまくいく起業、うまくいかない起業には実は特徴があります。どちらかというとうまくいかない人のは共通の特徴があると言った方が正しいかもしれません。

 

ここにまとめたことは、私が税理士という立場から、たくさんの起業事例をみてきて、そして自らWEBマーケティングを駆使して軌道にのせた経験から、絶対にはずしてはいけないと思うポイントです。

 

このポイントに気を付けながら、上で紹介したWEBマーケテイングを行えば、どんな方でも会社員のうちに、月20万円くらいの売上を作ることは十分に可能です。

「起業したいけど失敗はしたくない」そんなあなたに。メルマガでは、リスクを最小限に抑えながら、会社員のうちに始められる起業方法について役立つ情報をお届けしています。ぜひこちらからご登録してくださいね。

会社員の起業(副業・複業)成功ポイント①安価な価格でサービス提供をしない

サービス内容に比べて、安い価格で販売をするのは避けましょう。特に女性起業家にはこの傾向が強いです。

 

一度自分で設定しまった『必要以上に低い価格』から、抜け出せない方。最初から低すぎる価格で販売をするのはやめましょう。自分の価値を下げてしまっています。

 

どれだけ価格を下げたとしても、たとえ500円でも1,000円でも『高い』という人は存在します。価格はあなたの価値です。一度、低い価格で売ったら、基本的にはその価格でしか商品を売れない人というイメージがついてしまいます。

会社員の起業(副業・複業)成功ポイント②売れる仕組みは左から右へ1本の線を開通させること

WEBマーケテイングというのは、範囲が広いし個々のツ―ルのそれぞれが深いので、やっているうちに、全体像がみえなくなりがちです。

 

記事の最初に書いた、左から右への1本の線をとおすというイメージをしっかりと持ってください。左のSNSやブログは人を集めて、コンテンツなどを提供する役割で、真ん中のメルマガはセールスと役割が異なります。

 

SNSやブログやYOUTUBEは基本的は、商品を売る場所 セールスをする場所ではありません。共感を得る発信をして、人を集める場です。なので、人を集めるだけで終わらない。しっかりとその商品の価値をお伝えできる、セールスをするメルマガへとつなぐ必要があります

繰り返しになりますが、左から右に1本の線を開通させるのが本当に大切です。率直に書きますが、SNSだけで集客をしている、メルマガを使っていないなどという方は、売上がなかなか伸びないと悩む方が多いです。

 

特別に発信がうまいとかインフルエンサーでもなければ、SNSだけを集客ツールにしているのははっきり言って相当厳しいです。(特に高単価商品の販売に弱い。)

 

また、たくさんのフォロワーがいるなどの状態であっても、プラットフォームに依存しているので、そのアカウントが乗っ取られたり、削除された場合にいままで積み上げてきたものを失うというリスクが大きいです。

会社員の起業(副業・複業)成功ポイント③数字で結果をみて、ねばり強く改善を繰り返そう。

自分の思ったように売れないことは、あります。厳しい現実ですが、そこには『売れない理由がある』わけです。

やだ

売れない理由は1個1個つぶすしかないです!!私もオンラインプログラムを最初に販売したとき、商品設計が甘かったので、とても販売に苦戦しました。その時、ランチで会った友達やクライアントさんなどに、『なぜ買わないと思うか率直に教えてほしい』と頼み込んで聞いたり(ちょっとうざいですが(笑))販売サイトのLPをヒートマップで分析して、どこで離脱されているのかをみて、商品設計を組み替えるなど粘りまくって、なんとかコンスタントに売れるような仕組みを作り上げました。

 

でも、商品の内容をちょっと変えたり、販売ページのことばを少し変えるだけで、こんなに売れ方って違うんだな~とあらためて、WEBマーケティングのおもしろさを実感しました(笑)私が作ったオンラインプログラムを参考までに貼っておきますね。

会社員の起業(副業・複業)成功ポイント④テストを繰り返して、売ろう。 売ったお金を元手に次の販売へ

ビジネスは最初にドンとお金をかけるのではなく、まずはあまりお金をかけずに、テストしてみる。そしてその売れたお金を使って、次の段階にお金をいれていく・・・・というように基本は『自分がビジネスで作ったお金を次のステージに投入していくやり方』ができると強いです。

 

特にまずは会社員のまま起業して・・という段階で手元のお金を学びのためだからと称して、使いこんでしまうのは危険です。学びに使うお金は、年間予算をはじめにきめて、その枠内で使いましょう。

 

一段ずつ着実に、てもとのお金をビジネスで増やして、その増えたお金を元手に次のステップに投資していく、リスクのない地に足の着いた起業の仕方がオススメです。


ベンチャー企業がやるように資金調達をして、そのお金を使ってビジネスをするというのは、働きながらリスクなく起業したいという方には、一番むかないやり方です。

会社員の起業(副業・複業)成功ポイント⑤WEBの力をもっと使おう

WEBで商品やサービスを売るスキルは、あったらいいなではなく、もはや必須です。特に女性起業家でうまく活用している方が少ないと思うのが、「SEO」検索エンジンの活用です。

 

別に私はSEOの専門科ではないですが、上に書いたキーワードをしっかり狙って記事を書くとかちょっとしたことを実践するだけで、売り込まなくても、売上がしっかりあがるという状態が実現できます。

SNSでつながりができるからいいよと反論する方がいるかもですが、SNSは基本的にいつも同じようなメンバーと交流という状態になりがちです。(それも楽しいですが(笑))でも、検索エンジンの力を使えば、また違ったゾーンのお客様にも出会うチャンスがふやせます。

 

例えば、街の小さなお店が1日100人に来店してもらうって大変だしすごいことだと思うのですが、WEBで検索エンジンの力を使えば、1日1,000PVくらいであっても、PVとしては少ないかもしれませんが、1日に1,000人の人にきてもらえるお店って考えると、WEBを活用する効果がすごく高いという事実がわかりますよね。

会社員の起業(副業・複業)成功ポイント⑥自分らしくなど自己の内側の追求はほどほどに

起業するときに、『自分らしく』とか『本当の自分』などの言葉に踊らされず、そこだけにあまりはまりこまないことが大切です。自分探しを否定はしませんが、現実を変えてくれるのは、行動だけです。

 

私もそのテーマの本などを読むのも好きですし考えることはあります。たしかに起業でステージアップをしていくのには、「自己基盤」がしっかりしていないと難しいとは思うので、内側を深堀していきたくなる気持ちはわかります。不安な時はなおさらですよね。

 

でも、そこまでふか~く意識してはいりこまなくても、SNSやブログで発信をしたり、コンテンツを作ったりすることで、『自分が本当に伝えたいことは何か』を自然と考えることになります。

 

自己の内側というのは壮大な話になりますので、現実的にビジネスを構築しながら、少しずつ深めていけばいいのではないでしょうか。批判も覚悟で書きますが、まだ商品もできていないのにセミナーや起業塾に多額のお金をつぎ込み、また次の塾へと繰り返している方は、このタイプの方が多いです。

まとめ:会社員で働きながら起業すると決めた方へ

私自身が実際に行ってきた『WEBマーケティング』や『お金の裏側からみた実際の事例』をもとに、会社員で働きながら起業する方にむけたまとめた渾身の記事です!!税理士なので専門分野であるお金の管理・副業の税金の記事バージョンもまとめてますので是非ご覧ください。

 

この記事をみてくださった方が、働きながら、実際に起業をして(副業・複業)会社員以外にも収入の柱をもち、どう生きたいのか、どう働きたいかを自分でデザインすることができるようになりますようにと願いを込めて、書きました(^^♪。

 

それでは。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 税理士よしむらともこ/起業の専門家 , 2021 All Rights Reserved.