講座依頼、取材依頼、執筆依頼、お気軽にお声がけください。

税理士に依頼するより安く!独学より確実に!確定申告オンラインプログラム

「もう疲れた!」会社員を辞めたいと感じる原因と辞めた後の働き方

 

この記事を書いている人 - WRITER -
会社員を辞めたい
毎日の仕事に疲れた

日々の仕事に嫌気がさしてきて、いますぐ会社員を辞めたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

 

もし会社を辞めるとなった場合には注意すべきポイントがあります。いきなり、会社を辞めてしまわないようにしましょう。損することが多いです。また会社員を辞めた場合、どのような働き方が世の中にあるのか知っておくことが大切です。

 

そこで本記事では、以下についてまとめていきます。

  • 会社員を辞めたい・疲れたと感じる5つの原因
  • 会社員を辞める前に知っておくべき事実
  • 会社員を辞めた後の働き方
会社を辞めるべきか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね!!

「会社員を辞めたい」「仕事が疲れた」と感じる5つの原因

人によって異なりますが、「会社員を辞めたい」「仕事が疲れた」と感じる5つの主な原因は以下の通りです。

  • 仕事が忙しすぎる
  • 人間関係がうまくいかない
  • やりたくもない仕事をしている
  • 将来に不安しかなくなった
  • 給料が安すぎた

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

原因①仕事が忙しすぎる

日々の仕事が忙しすぎると、十分にリフレッシュできる時間を確保できなくなりますよね。また、忙しい毎日を過ごしていると、なんのために仕事をしているかわからなくなることもあります。

 

仕事が忙しくても「日々楽しい」と感じられるなら問題ありませんが、忙しい日々に違和感をおぼえると「会社員を辞めたい」と感じるようになる人もいるでしょう。

リフレッシュする時間というのは、それだけ大事ということですね!

原因②人間関係がうまくいかない

職場には、色々な人がいますよね。会社員の場合、職場の人と一緒にいる時間がどうしても長くなりますので、人間関係がうまくいっていないと、辛いのではないでしょうか。

 

会社の中には自分の価値観と合わない方も多く、意思の疎通ができないケースも少なくありません。

 

また、会社によってはかなりの社員数を誇るケースもありますが、1人1人コミュニケーションを取っていくのに疲れてしまう人もいます。

パワハラやセクハラなどの問題も最近では多いようですね。

原因③やりたくない仕事をしている

自分のやりたくない、またはまったく興味がわかない仕事をしていると、やりがいを見出せなくなり仕事へのモチベーション維持が難しい状態になります。

 

会社によっては部署変更や人事異動もあり、当初話していた業務とはまったく関係ない仕事を任されてしまうこともあるでしょう。

 

もちろん最初は、会社に言われるがままに与えられた仕事をこなすでしょうが、本来やりたいこととは違う仕事をしていると疲れが溜まっていくもの。そうなると最終的には会社員を辞めて、本当にやってみたい仕事をやろうという気持ちへと変化していく方もいるようです。

自分のスキルや特性が活かせる仕事だと、やりがい生きがいに繋がりますが、そうでない場合は結構辛いですよね。

原因④将来に不安しかなくなった

将来に対し、「このままで良いのだろうか」と、漠然とした不安を感じてしまい、それが長期化するケースもあります。

 

終身雇用制度、年功序列が当たり前だった時代は、会社員は毎月決まった給料が支払われ、年齢を重ねるごとに少しずつ給料が上がっていきいました。しかし今は、コロナ禍もあり大企業が倒産したり、不安定とも言える世の中です。

今の会社で働いていて大丈夫?

と疑ってしまう人も増えてきていますよね。

原因⑤お金

給与や福利厚生など、仕事のやる気はお金に大きく影響します。

  • 給与を10%カットされた
  • 通勤手当がつかない
  • ボーナスがカットになってしまった
  • 自分の方があの人より仕事をしているのに、給料が少ない

という社内間での不満や、

 

  • 同じ年齢だったとしても業種が異なるだけで、年収に100万円以上もの差が出ている
  • 独立をした知り合いは、会社員時代の倍以上の給料を得ている…

という他者と自分を比較しての不満など、お金に関する不満は転職を考える大きなキッカケにもなります。

いくらその仕事が好きであっても『お金』に対する不満があると、仕事のモチベーションは下がってしまいますよね…

「会社員を辞めたい!」と考えている人が知っておくべき現実

本記事を読んでいる人の中には、すぐにでも会社員を辞めたいと考えている人もいるでしょう。

 

今の会社で働くのに疲れてしまい、会社員を辞めて新しいことに挑戦したいと考える人も少なくないと思います。ただ、もし会社員を辞めるのであれば、以下の2つの事実を認識しておかなくてはいけません。

  • 会社を辞めた後に訪れる金銭面でのストレスに注意
  • 夢を追いかけるにしても準備が必要

それぞれ詳しく解説していきます。

会社を辞めた後に訪れる金銭面でのストレスに注意

会社員を辞めた直後というのは、一時的に仕事がなくなってしまうので収入が途絶えてしまうでしょう。

 

そうなると金銭面でのストレスを感じるようになってしまい、漠然とした不安を感じることは少なくありません。仮に独立をしたとしても、いきなり仕事がうまくいくことはなく、最初の2〜3ヶ月は無収入という場合もあります。

 

もちろん会社を辞める際に、すでに仕事をもらえているなら問題ありませんが、仕事のない状態でいきなり会社員を辞めてしまうのはたいへん危険です。

仕事を見つけておくかしっかりと貯金をしておくなどして、金銭面でのストレスを感じないようにするための対策を取っておきましょう!

夢を追いかけるにしても準備が必要

会社員を辞めたいと思っている人の中には、夢や目標があるから今の会社を辞めたいと考える人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし夢を追いかけるにしても、まずは準備が必要です。何か新しいことに挑戦をするにしても、それなりの資金が必要となります。

 

さらに独立を夢見たとしても、事業計画書をしっかりとまとめなくては失敗に終わってしまうことも少なくありません。

会社員として働いているうちにどれだけ準備を進められるかが鍵を握ります!

「起業したいけど失敗はしたくない」そんなあなたに。メルマガでは、リスクを最小限に抑えながら、会社員のうちに始められる起業方法について役立つ情報をお届けしています。ぜひこちらからご登録してくださいね。

今の会社を辞めた後の働き方

今の会社で働くことに疲れた・・・

という理由だけで、何も考えずに会社を辞めてしまっては後々後悔してしまうかもしれません。

 

そこで、今の会社を辞めた場合の働き方や仕事のあり方について解説していきます。今の仕事に対してどれぐらいの不満があるのか、自分のやりたいことは何なのかを考慮して選んでみてください!

違う会社に転職して同じ会社員になる

違う会社に転職をして、同じ会社員になるという選択肢もあります。

 

会社員を辞めたいという人の中には、今の会社に不満を抱えているだけの人も少なくありません。さらに他の会社のことを知らずに、ただ漠然と会社員を辞めたいと思っているだけの可能性もあります。

 

なので、まずは世の中にどんな会社があるのかを調べて、福利厚生や給料がいい会社に転職をするのも一つの手段と言えるでしょう。

もし転職を検討していくなら、今の会社で働きながら転職活動をしていくのが理想的です。

もうひとつ考えておきたいのが、違う会社に行けば、本当に今もっている不安や不満から解放されますか?ということ。新しい会社に行くことで、今の不安や不満がなくなるのであれば、転職はいいと思います。でも、そうでもないのに、転職をしてしまうと、給料がさがるなど、今よりさらに状況が悪くなるということも考えられます。

フリーランスになる

どうしても

自分に会社員は向いていない

と考えるなら、フリーランスを目指すのも1つの手段と言えるでしょう。

フリーランスとは

自分の持っているスキルを企業に提供してお金を得る働き方です。

例えば、フリーランスには以下のメリットがあります。

  • 働き方を自由に選べる
  • 複数の会社と業務委託契約を結ぶことが可能
  • スキル次第で多方面に仕事の幅を広げられる

 

フリーランスは企業に属さず自由に働き方を選べるので、会社に雇われて働くことに抵抗感を持つ人にはぴったりの働き方です。また会社員と違って複数の企業と契約を結ぶこともできるので、収入をあげていくこともできます。

 

さらに、自身のスキルによって多方面に仕事の幅を広げやすいので、自身の環境にあわせて仕事を変えることもできるのが特徴の1つです。

会社員からフリーランスを考えている方は、以下の記事がおすすめです!

起業をする

会社員時代では、なし得なかった夢がある場合は、起業をして事業を立ち上げるのもオススメです!!

 

起業をするとなると、自分がやりたいことを自由に選択できるので、会社員時代に抱えていた仕事の不満はほぼなくなります。また起業家には、「自分は会社員に向いていなかった」という人も多く、自分のやりたいことができない毎日に嫌気がさしている人ほど向いているかもしれません。

 

ただし、会社をやめて起業をするとなるとそれなりの準備が必要です。何を売るか決めたり、どのように販路を広げるかなど戦略を練ることが必要です。

事業によってやるべきことが変わってくるので、自分の特徴やスキルを見極めてどのように起業すべきか作戦を練っていきましょう!

起業準備は、会社員をしながら始めることをオススメします。なるべくリスクが少ない方法を選んでくださいね。

まとめ:会社員をやめたいと思ったらすべきこと

ここまで「会社員を辞めたい」と考えてしまう原因や辞めた後の働き方についてまとめてきました。

 

会社員として働くことに嫌気がさしている人の中には、日々の仕事に疲れを感じて辞めたいと感じている人も多いでしょう。実際に会社を辞めてしまった後は後戻りすることが難しいので、冷静に判断してくださいね。

 

世の中にはさまざまな働き方があり、会社員がすべてではないです!!そのため、どのような働き方があるかを知ってから、自分に合った働き方を見つけてみてください!

まとめ:税理士よしむらともこの自分の話

私自身、会社員時代『希望がみえない会社員人生だな・・・とか ここは女性の墓場だな・・(赤裸々)』とか色々思っていた会社員時代でした(笑)。

 

でも「自分でこの先の未来は、自分で変える』と決めて、動いた結果、180度変わりました!!自分がこれはとても嫌だな~ともうことは、無理してやらなくてすむ方法は必ずあるし、逆にこれがしたい こんな風になりたいっ!!と腹の底から思うことは自分で叶えることができます。この記事を最後まで読んでくださったあなたも是非「未来は自分で変える」と決めて行動してみてください!!応援しています。

 

個人的には、会社員しながらも、自分で小さくビジネスをして、会社員以外にも収入の柱を持つというリスクなく起業する方法がオススメです。会社員以外でも自分で稼ぐということは、これからはそうした方がいいではなくて、それがマストな世の中になると考えています。

 

こちらの記事では、税理士としてみてきたたくさんの事例をもとに、会社員をしながら、在宅でWEBを使って起業する方法と売上の作り方(WEBマーケティング)をまとめてますので、リスクなく起業し、最短で自分のビジネスを軌道のせたい方は是非読んでみてくださいね。

それでは。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 税理士よしむらともこ/起業の専門家 , 2021 All Rights Reserved.