講座依頼、取材依頼、執筆依頼、お気軽にお声がけください。

期間限定!小規模事業者持続化補助金のサポートプラン

初期費用なしではじめられる副業11選! 稼ぐためのポイントとは?

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
副業をやって収入を増やしたい

ただ、

失敗したら、かかった費用が無駄になりそう…
初期費用なしでできる副業を知りたい…

と感じている人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回の記事では以下のことについて解説します。

  • 初期費用なしではじめられる副業
  • 副業で稼ぐ際のポイント

この記事を読めば、比較的失敗のリスクが少ない副業がわかります。ぜひ参考にしてくださいね。

▼副業(複業)を検討している方、すでにはじめている方におすすめ▼

メルマガでは会社員のうちに起業準備/副業をはじめて、お金をかけずに最短で収入の柱を作り、会社員以外の選択肢を持つ方法や、副業の確定申告やお金の管理についてお役立ち情報を配信していますので、ぜひご登録ください。

メルマガに登録する

初期費用なしではじめられる副業11選

お金を稼ぎたい目的で副業をはじめる方は多いでしょう。お金が目的である以上、なるべく費用をかけずに稼ぎたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、初期費用無しではじめられる副業を11個紹介します。

  1. ポイントサイト
  2. アンケートモニター
  3. ブランド品レンタル
  4. ライティング
  5. データ入力
  6. 写真販売
  7. Webデザイナー
  8. 動画配信
  9. プログラミング
  10. SNS運用代行
  11. スキルシェア

順番に見ていきましょう。

1.ポイントサイト

ポイントサイトは、サイト経由でサービスを利用したり会員登録をしたりすることで、ポイントがもらえる副業です。

主なポイントサイトは以下の4つ。

  • モッピー
  • げん玉
  • ポイントタウン
  • ハピタス

もらったポイントは現金やギフト券に交換できます。

 

案件によりもらえるポイントには差があり、FX業者での口座開設や不動産投資の面談などは1回で1万ポイント以上もらえます。

 

なお、副業といえば、スキルが必要で稼げない方もいるイメージがあるかもしれません。しかし、ポイントサイトは、高校生でも稼げる副業です。

もちろん、会員登録や月額費用もかかりません。

ただし、ポイントがもらえるのは1案件1回までなので、継続的には稼ぎにくいといえます。

2.アンケートモニター

アンケートモニターは、アンケートに回答すると現金(もしくはポイント)がもらえる副業です。

 

1回の参加で数百ポイントもらえるアンケートもあります。登録料は無料で、稼ぐためには多くの案件をこなさなければなりません。

 

座談会形式の案件に参加できれば、1回で数千円稼げるだけでなく、その場で現金をもらえます。

隙間時間にできるため、毎日コツコツと回答できる方に向いている副業です。

3.ブランド品レンタル

ブランド品レンタルとは、使わないブランドもののバックをレンタルして稼ぐ副業です。一般的に、不要なブランド品はオークションや買い取り店舗などで売却します。

 

しかし、この方法では売却額が相場よりも安くなるケースもあるでしょう。

 

ブランド品レンタルを行っているラクサスなどでブランドバックを貸せば、最大年24,000円の利益になります。つまり長くレンタルすればするほど、売却よりも高い報酬を得られます。

ブランド品のバッグを複数持っている場合、預けるだけで不労所得になるので、ぜひ利用してみてください。

4.ライティング

ライティングは、企業や個人から依頼を受けて、文章を執筆する仕事です。

依頼ジャンルや内容はさまざまなので、自分の得意なジャンルからはじめるとよいでしょう。
  • ブログでの商品紹介
  • 求人原稿の作成
  • ランディングページの作成
  • メルマガやLINEの文章作成

パソコンさえあれば、すぐにはじめられます。また文字数やジャンルによって報酬は変わり、1本あたりの単価も数百円〜数万円と幅広い傾向があります。

 

納期までに提出しなければならないため、スケジュール管理をしっかり行わなければなりません。

ライターの副業については、以下の記事でも詳しく解説しています!

【月5万円を目指す】副業でWebライターを始める方法を5STEPに分けて解説

5.データ入力

データ入力とは、Wordやエクセルなどに以下のような情報を入力していく副業です。

  • 名刺や領収書
  • 顧客情報
  • 販売する商品
  • ネット上の公開情報

 

基本的に同じような作業が続くため、コツコツ働きたい方におすすめです。ただし、報酬は1文字あたり0.1〜1円と決して高くないため、作業スピードが速くなければ稼ぎにくいでしょう。

6.写真販売

写真の撮影が好きな方におすすめの副業が写真販売です。写真の素材販売サイトに自分の写真を出品して、売れたら報酬がもらえます。

出品した写真が売れる毎に報酬が発生するサイトとプラットフォーム内でそのまま写真を販売して報酬を得られるサイトがあります。

手順もサイトに登録して写真を投稿するのみなので、難しくありません。

カメラ(写真)を使った副業については、以下の記事で詳しく解説しています!

副業カメラマンとして収益を上げる方法|始め方や注意点を徹底解説!

7.Webデザイナー

Webデザイナーとは、ホームページのバナー制作や更新作業、会社のアイコンやロゴデザインなどの仕事があります。

 

パソコンとペイントソフト(無料から有料のものまである)を用意すれば、誰でもはじめられます。

需要も高く、1本数万〜10万円以上の案件も見つかるでしょう。

ただし、Webデザインのスキルなどについては勉強する必要があります。

WEBデザイナーの副業については、以下の記事で詳しく解説しています!

【未経験者向け】副業でWebデザイナーを始める方法を6STEPに分けて紹介

8.動画配信

動画配信とは、YouTubeやライバー用のアプリなどで、歌・ゲーム実況・トークなどの配信を行う副業です。

 

登録者が増えれば、月収50万円以上も夢ではありません。

また、ファンから反応をもらえるので、モチベーションもアップするでしょう。編集が必要ないのであれば、スマホだけでもできる副業です。

近年はライバルも増えているため、ファンが飽きないように工夫する必要があります。

9.プログラミング

プログラミングは、以下のような業務を行う副業です。

  • システム開発
  • 新規事業の開発
  • ホームページの更新
  • スマホアプリの開発
  • 既存のシステムのテスト
スキルが求められるため、案件次第で月収50万円以上稼げるケースも珍しくありません。

 

また、在宅や土日だけの作業でも、十分稼げるでしょう。ただし、初期費用なしで稼ぐとなると、スキルや実務経験は必須です。

プログラミングの副業については、以下の記事でも詳しく解説していますよ!

【プログラミング初心者向け副業の始め方】案件を取得するまでの流れを徹底解説

10.SNS運用代行

SNS運用代行とは、主に企業のSNSの投稿や分析など運用を代わりに行う副業です。

 

アカウントの立ち上げはもちろん、投稿内容のテーマやターゲット層の選定、投稿内容の作成から広告の出稿まで業務範囲は幅広いです。

SNS運用代行の報酬は1アカウント毎月5,000円ほどが相場ですが、成果を出せば報酬はアップします。

 

SNSは拡散性が高いため、身につけたスキルをもとに新たなビジネスをはじめてみてもよいかもしれません。

11.スキルシェア

何らかのスキルを持っているのであれば、隙間時間にスキルシェアで稼いでみてはどうでしょうか?

 

スキルシェアでは、幅広いスキルを提供して、お金を得られます。

  • IT系のスキル
  • 家事代行
  • 記事の作成
  • 悩み相談や占い

専門的なスキルだけでなく、生活の知恵やトークなどあらゆるジャンルで稼げる可能性があります。

 

サイトへの登録料はかかりません。

スキルを提供した場合のみ、報酬から一定の手数料(10〜30%程度)が引かれる仕組みです。

初期費用がかからない副業で稼ぐ際の5つのポイント

初期費用がかからない副業なら失敗したときのリスクも低いでしょう。とはいえ、数万円以上稼ぐとなると、いくつかポイントがあります。

  1. 自分のペースでできる副業
  2. 興味があり本業にも関係がある副業を選ぶ
  3. 大きく稼ぎにくい副業もある
  4. パソコンは使えた方がよい
  5. 怪しい副業には手を出さない

それぞれのポイントについて解説します。

1.自分のペースでできる副業

多くの方は本業があります。したがって、副業に力をいれすぎて本業をおろそかにしないように注意しなければなりません。

 

平日の夜や土日を使ってでき、自分のペースでできる副業を選びましょう。作業量が多いにもかかわらず、納期が厳しい副業をした場合、体調にも影響します。

 

また、休日でも家族サービスなどに時間を取られる方は、なるべく余裕を持ってスケジュールを組む必要があります。

2.興味があり本業にも関係がある副業を選ぶ

報酬だけで副業を選んだ場合、モチベーションがアップせず、継続できなくなります。

 

最初は、興味があるジャンルで本業にも関係がある副業をおすすめします。なぜなら、すでに知識があり、やる気も保ちやすいので、失敗するリスクを下げられるからです。

 

たとえば、エンジニアであればプログラミング、カメラマンであれば写真販売などが候補にあがります。

3.大きく稼ぎにくい副業もある

初期費用なしではじめられる副業は、多くの方が参入しやすいといえます。そのような副業は、おおむね大きく稼ぎにくい可能性があります。

 

努力すれば、稼げるのかどうかは最初に見極めておきましょう。特に単発でしか稼げないのであれば、いずれ別の副業にシフトしてもよいかもしれません。

4.パソコンは使えた方がよい

副業のなかには、スマホだけでできるものもあります。しかし、いまだに多くの副業はパソコンがあった方が稼ぎやすい傾向があります。

 

副業に使うツールがスマホに対応していなかったり、スマホだけでは作業が難しいケースもあるからです。

 

特に、企業と仕事をする場合は、パソコンの基本的な操作方法やコミュニケーションツールの使い方くらいは覚えておきましょう。

5.怪しい副業には手を出さない

副業を探していると「たった5分の作業で●万円」「スマホだけで稼げる」といった広告を目にするケースも多いでしょう。

しかし、このような副業は、ほとんど詐欺です。

登録した結果、高額な商材の購入を勧められ、手順通りに作業をしてもまったく稼げないケースも珍しくありません。
最悪のケースでは犯罪行為に加担した結果、捕まる可能性もあるので注意してください。

まとめ:初期費用なしの副業なら失敗のリスクは低い

初期費用なしの副業は、お金がかからないため、失敗したときのリスクも低いといえるでしょう。

多くの副業が初期費用なしではじめられるので、続けやすそうなものから挑戦してみてください。

 

ただし、初期費用なし=多くの方が参入しているため、競争が激しすぎてまったく稼げないケースもあります。

 

努力すればそれなりに稼げるのか、よく考えてからはじめましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 税理士よしむらともこ/起業・副業の専門家 , 2022 All Rights Reserved.