講座依頼、取材依頼、執筆依頼、お気軽にお声がけください。

税理士に依頼するより安く!独学より確実に!確定申告オンラインプログラム

【ブログの書き方】検索上位表示を目指すSEOライティング方法を紹介

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログで上位表示を目指すためには何をすればいい?
ブログを書いているけど、検索上位が取れない…

こんなことに悩むブログ運営者は多いものです。

 

結論、ブログで検索上位を目指すためにはSEOライティングを活用していかなくてはいけません。

 

SEOを意識しながらタイトルや見出し、本文のライティングを実行すれば、検索上位表示を目指すことは可能です。

本記事では、以下のことについて解説しています。

  • SEOライティングとは
  • SEOを意識したライティング方法
  • タイトルや見出し、本文において意識すべきSEOライティング法
ブログ初心者はぜひ参考にしてみてくださいね!!

SEOライティングとは?

ブログで上位表示を目指していくためには、SEOライティングについて理解していかなくてはいけません。

SEOライティングとは

SEO(検索エンジン最適化)を意識したライティングという意味合いになります。

本の執筆をしたり雑誌の編集をしたりする一般的なライティングとは異なり、検索キーワードを意識しつつユーザーの悩みを解決していくことが大切です。

 

SEOライティングは検索エンジンとユーザーを意識する

SEOライティングを実施していくなら、検索エンジンとユーザーを意識しなくてはいけません。

 

一般的なライティングなら、ユーザーのみを意識して読みやすい文章を書くのが一般的です。しかし、SEOライティングはユーザーのみならず、Googleなどの検索エンジンにも評価される文章を書かなくてはいけません。

えっ…難しそう…

もしユーザーにとって読みやすい文章だったとしても、検索エンジンから見て読みにくい文章だと判断されたら、検索上位を目指すことは難しいでしょう。

 

そのため、検索エンジンからも評価をされつつ、ユーザーからの支持も高いライティングが検索上位を取るための本質部分につながってくるのです。

SEOライティング成功の鍵は「わかりやすさ」

検索エンジンだけでなくユーザーからの評価も高いライティングとは、わかりやすいかどうかが鍵を握ってきます。

 

例えば、専門用語ばかり書かれていて読みにくい文章というのは、ユーザーからの評価が下がってしまうでしょう。

 

逆に、文章ばかりで画像や箇条書きなどを用いていない文章は、検索エンジンからするとわかりにくいと感じてしまい評価が下がってしまうのです。

 

そのため、SEOライティングにおいて最も重要なのは「わかりやすさ」になってきます。

当サイトも、税金の知識をなるべく専門用語を使わず(使ったとしても、意味をしっかり解説して)記事を書くことを心がけていますよ!

わかりやすい文章を書くためには、次章から解説する『タイトル』『見出し』『本文』の書き方が重要となってきます!

ブログで検索上位を目指すSEOライティング法【タイトル編】

この章では、ブログで検索上位を目指すため、タイトルにおけるSEOライティング法について解説していきます

 

タイトルにおけるSEOライティング法は、以下の3つです。

  • 検索キーワードを入れる
  • 文字数は36文字前後で作る
  • 「読んでみたい!」と思われる工夫を凝らす

 

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

検索キーワードを入れる

タイトルを書いていく際には、必ず検索キーワードを入れましょう。

検索キーワードとは

ユーザーが検索エンジンの検索欄に入力したキーワードのことです。

検索キーワードをタイトルに入れておくことで、読者が今1番知りたい情報を伝えることができるだけでなく、検索エンジンからも発見されやすくなります。

 

ただし、タイトルを書く際には違和感のない文章で書き進めていくのがコツです。

 

「検索キーワードを入れれば検索上位を目指せれる」わけではないので、あくまで自然な文章でタイトルを書いていくようにしましょう。

 

キーワード選定に役立つシートをダウンロードしてお使いください^^

文字数は36文字前後で作る

タイトルの文字数は、36文字前後で作るようにしましょう。

ひと昔前まで、パソコンにて検索した際に表示される文字数が32字までとなっていたことから、32文字以内で収めるのがSEOライティング法として有名でした。

 

しかし、近年はユーザーのほとんどがスマホで検索することから、『タイトルは32文字以内』という考えはなくなりつつあります。

 

スマホに表示されるタイトルの文字数は36文字〜40文字程度とされていることから、36文字前後で作る方がユーザーから見ても違和感がありません。

「読んでみたい!」と思われる工夫を凝らす

どれだけいい記事を書いたとしても、タイトルをクリックされない限り、文章を読まれることはありません。

 

文章が読まれないことには、SEOの評価も下がってしまうことから、上位表示を目指せれなくなってしまいます。

そのためにも、以下のようにユーザーから「読んでみたい!」と思ってもらえるタイトル作りをしていくことが大切です。

 

  • 「【】」などを使って文章を強調する
  • 数字などを使って見やすくする
  • 「専門家」「プロ」など専門性があることを示す
  • 「〇〇一覧」「まとめ記事」など網羅性を示す
  • パワーワードを入れる
些細な工夫ではありますが、SEOライティングを意識していくならぜひ覚えておくと良いですね!

ブログで検索上位を目指すSEOライティング法【見出し編】

この章では、ブログで検索上位を目指すため、見出しにおけるSEOライティング法について解説していきます。

タイトルにおけるSEOライティング法は、以下の2つです。

 

  • 検索キーワードを入れる
  • 複合する他のキーワードも見出し内に入れる

 

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

検索キーワードを入れる

タイトルと同じですが、見出しにも検索キーワードを入れるようにしましょう。

 

検索キーワードを入れることで、ユーザーの検索意図に合わせた見出しを作ることができ、検索エンジンからも評価されやすくなります。

 

ただし、タイトルと同じで検索キーワードを過剰に入れてしまうと、評価が下がる可能性もあるので注意が必要です。

 

自然に検索キーワードを見出し内に入れることが、SEOライティングにおいて重要となります。

複合する他のキーワードを見出し内に入れる

見出しを作る際には、検索キーワードに複合する他のキーワードを見出し内に入れていきましょう。

 

例えば、「SEO 見出し」とユーザーが検索した場合、以下のように複合キーワードの候補が出てきます。

  • 「SEO 見出し キーワード」
  • 「SEO 見出し 書き方」
  • 「SEO 見出し 画像」 など

 

複合するキーワードはさまざまですが、見出し内にそれぞれ複合するキーワードを入れることで網羅性のある記事が完成します。

 

網羅性のある記事はSEO対策にもつながってくるので、検索キーワードに合わせてユーザーはどんな単語を複合させているのか、調査をしてから見出しを書いていきましょう。

ちなみに、複合キーワードの抽出を行うには「ラッコキーワード」という、無料のキーワードリサーチツールを使うのがおすすめです。

ブログで検索上位を目指すSEOライティング法【本文編】

この章では、ブログで検索上位を目指すため、本文におけるSEOライティング法について解説していきます。

タイトルにおけるSEOライティング法は、以下の3つです。

 

  • ユーザーファーストの記事作成
  • E-A-Tを意識した記事作り
  • 画像の最適化

 

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ユーザーファーストの記事作成

 

本文においては、ユーザーファーストを意識した記事作りが重要です。

 

ユーザーにとって1番読みやすく、わかりやすいと感じてもらうことがユーザーファーストの記事になります。例えば、ユーザーを意識した文章作りの例をあげると以下の通りです。

 

  • 悩みに対して最善の解決策を伝える
  • 結論から伝える
  • 漢字ばかりを使わずにひらがなも多用する
  • 専門用語は使わない
  • 1文80文字以内
  • 余計な情報は載せずに、必要な情報だけ執筆する

 

SEOライティングにおいて最も大切なことは、ユーザーとの対話です。

わかりやすく書くことでユーザーが理解してくれるようになり、悩みの最善策を提示することで専門性の高く、ユーザーや検索エンジンから評価の高い記事が出来あがりますよ!

E-A-Tを意識した記事作り

SEOライティングを実施していくのであれば、E-A-Tを意識して文章を作っていかなくてはいけません。

E-A-Tとは検索エンジンの代表格でもあるGoogleが出す、ページ品質評価を決める重要項目の1つです。

E-A-Tの頭文字を読み上げると、以下の意味合いとなります。

 

Expertise(専門性)

Authoritativeness(権威性)

Trustworthiness(信頼性)

 

専門性とはある1つのジャンルに特化していることで、自身の専門性を文章内に残すことでSEO評価が上がりやすくなります。

 

また、権威性とは執筆したコンテンツ内容を「誰が書いているのか」を重視するもので、「資格」「経験値」などを文章で示すことが大切です。

 

信頼性とは、書かれている内容が信頼できるかどうかということです。リアルなレビューや体験談、一次情報などを書くことがSEO対策になります。

画像の最適化

本文の文章内に貼り付ける画像の最適化を行うのも、SEOライティングにおいて非常に重要です。

 

画像の最適化とは、画像を圧縮したり縮小したりすることで、最適なデータ容量に抑えることを意味します。

もし画像の最適化を行わずにそのまま貼り付けをしてしまうと、サイト全体が重たくなってしまい、サイト表示速度が遅くなる可能性もあるのです。

サイト表示速度が遅くなると、ユーザーが文章を見なくなる可能性が高くなり、記事全体の評価も下がってしまうでしょう。

 

画像圧縮ツールなどを活用して画像の最適化も忘れずに行うようしましょう!!

まとめ

検索上位表示を目指すためのSEOライティング法について詳しくまとめていきました。

 

SEOライティングは検索上位表示を目指すための1つの施策であり、他にも内部・外部向けのSEO対策を実行する必要があります。

 

ただし、SEO対策の中でも特に重要なのが『ライティング』です。

ぜひ本記事を参考にSEOライティングの理解を深めて、コンテンツ作成へと励んでみてくださいね!
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 税理士よしむらともこ/起業の専門家 , 2021 All Rights Reserved.