講座依頼、取材依頼、執筆依頼、お気軽にお声がけください。

税理士に依頼するより安く!独学より確実に!確定申告オンラインプログラム

GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスの違いとは? 連携方法も解説!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
GoogleサーチコンソールとGoogle Analyticsは、どちらもサイト運営に欠かせないツールです。

そのため、導入しようか考えている方も多いでしょう。

ただ、

2つのツールの違いがわからない
両方導入すべきか迷っている

と考える方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では以下のことについて解説します。

  • GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスの概要
  • 2つのツールの違い
  • 連携方法

この記事を読めば、GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスの違いがわかります。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスの概要!

Webサイトを運営する際に利用したいのがGoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスです。まずは、それぞれどのような目的でどのような機能があるのか解説します。

GoogleサーチコンソールとはWebサイトのアクセス前の情報がわかる

Googleサーチコンソールは、Webサイトのアクセス前の情報を解析するためのツールで、Googleアカウントさえあれば誰でも利用できます。

 

Googleサーチコンソールを使えば、以下のような情報を確認できます。

  1. 検索キーワードについての情報
  2. ページがインデックスされているか
  3. セキュリティやペナルティの問題
  4. どのサイトからリンクされているか

それぞれの内容について詳しく解説します。

1.検索キーワードについての情報

まず、Googleサーチコンソールでは「検索されたキーワード」「表示回数」「クリック数やクリック率」「平均掲載順位」などがわかります。
検索されたキーワード検索エンジンで検索したキーワード
表示回数キーワードで検索された際にあなたのWebサイトが表示された回数
クリック数キーワードで検索された際にあなたのWebサイトがクリックされた数
クリック率表示回数のうちクリックされた割合
平均掲載順位キーワードの検索結果に表示される順位

ユーザーの多くは、検索エンジンからキーワードで検索してWebサイトに訪れるケースがほとんどです。キーワードというのは「神奈川 ランチ」「横浜市 ラーメン」など。

 

例えば、神奈川県にある飲食店のサイトであれば、これらのキーワードで検索したユーザーが、検索結果からあなたのWebサイトを見つけて訪問する流れです。

 

そしてキーワードを見ることで、ユーザーがどのような目的であなたのサイトを訪れたのかわかります。

 

たとえば「横浜 ランチ 美味しい」であれば、ジャンルを絞らずに横浜で美味しいお店を探しているユーザーであることがわかるでしょう。他方「横浜 ラーメン 安い」で検索したユーザーは、横浜にある安いラーメン屋を探していることがわかります。

このように、実際に検索されたキーワードがわかれば、どのようなユーザーが多いのかわかりますね!

2.ページがインデックスされているか

Webサイトのコンテンツを更新しただけでは、Googleの検索結果に自動で反映されないので注意してください。更新した内容が検索結果に反映されるためには、Googleからインデックスされる、言い換えるとGoogleからあなたのサイトが認識される必要があります。

Googleサーチコンソールを使えば、あなたのサイト内のページが、Googleに認識されているのかわかりますよ。

3.セキュリティやペナルティの問題

Googleサーチコンソールを使えば、Webサイトがウィルスに感染していないか、Googleからペナルティを受けていないかなどを確認できます。これらの問題を放置し続けた場合、検索結果にあなたのWebサイトが表示されなくなってしまうでしょう。

 

つまり、Webサイトを訪れるユーザーが激減するので、売上にも大きな影響があるのです。

4.どのサイトからリンクされているか

Googleサーチコンソールでは、被リンクや内部リンクの数やどのサイトからリンクを受けているかを確認できます。

 

他のサイトからリンクをもらうサイトは、Googleからも高く評価されるので、検索順位も高くなりやすいでしょう。

ただし、Googleの品質ガイドラインに違反しているサイトからリンクを受けている場合、あなたのサイトにもペナルティが課される可能性があります。そのため、検索順位に悪影響を及ぼしかねないようなサイトからリンクを受けていないのかのチェックもしましょう。

Googleアナリティクスはサイトに訪問したユーザーの行動がわかる

GoogleアナリティクスとはGoogleが提供するアクセス解析ツールで、サイトを訪問したユーザーの行動がわかります。たとえば、以下のような情報です。

 

  • サイトを訪問したユーザー数
  • ユーザーがどこから来たのか
  • パソコン・スマホのどちらでアクセスしているのか
  • 目的通りの行動をしてくれたか
Googleアナリティクスを利用して得られた情報をもとに、サイトの強みや弱みがわかるようになります。

 

例えば、ユーザーが検索エンジン、SNS、広告のどこから流入しているのか調べた結果、検索エンジンからの流入数が少なく、SNSからの流入数が多いと仮定します。

 

この場合に取れる手段は主に2つ。

  • 検索エンジンからの流入を増やすためにコンテンツを充実させる
  • 流入数の多いSNSをさらに強化する

 

このような手段を考えられるのも、自社サイトの流入元がわかっているからです。

 

もし、どの場所からの流入数が多いかわからなければ、サイト内のコンテンツを充実させればよいのか、SNSでの発信を強化すればよいのかわからないでしょう。

 

また、Webサイトを訪問したユーザーがどのページをどのくらいの時間閲覧したのか、問い合わせやメールマガジンの登録などの行動をしたのかも確認できます。

Googleアナリティクスの具体的な機能については、以下の記事でも解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Googleアナリティクスができること5つ&有料版との機能面での違いとは?

このような機能があるGoogleアナリティクスは、サイト運営に欠かせないツールです。

 

GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスの違い

GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスの違いがわからない方も多いでしょう。そこで両者の違いについて解説します。

  • 分析する情報が違う
  • 施策が違う

順番に見ていきましょう。

1.分析できる情報が違う

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールでは、分析できる情報が異なります。

 

Googleアナリティクスは、ユーザーがページを訪問してからサイトを離脱するまでにどのような行動を取ったのかがわかります。加えて、Google以外から流入してきた全ユーザーの情報も確認できるのです。

 

一方で、Googleサーチコンソールは、あなたのWebサイトがGoogleの検索エンジンからどう評価されているのか、異常などがないのかわかるツールです。したがって、ユーザーがサイトに訪問する前の情報を分析できます。

Googleアナリティクス
  • ユーザーがページを訪問してからサイトを離脱するまでにどのような行動を取ったのかがわかる
  • Google以外から流入してきた全ユーザーの情報も確認できる
Googleサーチコンソール
  • WebサイトがGoogleの検索エンジンからどう評価されているのかがわかる
  • サイトに異常などがないのかわかる
  • ユーザーがサイトに訪問する前の情報を分析できる
Googleサーチコンソールは、Googleでの検索状況しかわかりません。他の検索エンジンでの評価やSNSなどでの状況についてはわからないので注意してください。

2.できる施策が違う

2つ目の違いはできる施策です。Googleアナリティクスは、訪問してきたユーザーの行動を分析できます。したがって、ユーザーがどのページに興味があるのか、どこから流入してきているのか知りたい場合に使います。

 

一方、Googleサーチコンソールでは、Webサイトの管理や監視ができます。問題が見つかったら、状況に応じて、クローラーの巡回を行ったり、問題を解決したりしましょう。

GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスを連携させる方法

GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスは単体で使うのではなく連携させると便利です。連携させると、GoogleアナリティクスからもWebサイトにアクセスしたユーザーが利用しているデバイスや検索したキーワードなどの情報を確認できるようになります。

連携方法は以下の通りです。

  1. 集客⇒Search Console⇒検索クエリの順番
  2. Search Consoleのデータ共有を設定をクリック
  3. プロパティ設定からSearch Consoleを調整をクリック
  4. Search Consoleのサイトにある追加をクリック
  5. Googleアナリティクスと連携したいサイトを選択
  6. 関連付けの詳細をクリックすれば完了

まず、Googleアナリティクスにアクセスしてください。左側にある集客を選択したらSearch Console、検索クエリの順番で選んでください。

そして、Search Consoleのデータ共有を設定をクリックしましょう。

次に、プロパティ設定からSearch Consoleを調整を選びます。

Search Consoleのサイトに記載されている「追加」をクリックしてください。

新しいサイトを選択の部分に連携したいサイトを選んで、下に表示されている関連付けの詳細をクリックすれば、連携が完了します。

まとめ:GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスは併用しよう!

GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスはどちらもWebサイトの運営に欠かせないツールです。

Googleサーチコンソールは、あなたのWebサイトに来たユーザーがどのようなキーワードで検索しているのか、Webサイトに異常がないかなどがわかります。

 

Googleアナリティクスは、訪問したユーザーのサイト内での行動がわかります。

 

どちらも便利なツールなので、GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスは、併用して使いましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 税理士よしむらともこ/起業の専門家 , 2021 All Rights Reserved.