講座依頼、取材依頼、執筆依頼、お気軽にお声がけください。

税理士に依頼するより安く!独学より確実に!確定申告オンラインプログラム

【難易度別】週末起業のアイディア10選!メリット・デメリットも徹底解説

 

この記事を書いている人 - WRITER -

おもにサラリーマンの間で、ひっそりと始める人が増えつつある「週末起業」。フリーランスに憧れる人もいるかもしれませんが、いきなり会社を辞めて事業を起こすのはハイリスクなため、週末起業から始めてみるのがとても賢い選択です!

私も週末起業を始めたいけど、何もアイディアが浮かびません…
インターネットで調べたけど、初心者の私でもできそうな事業が見つからないんです(涙)
大丈夫です!この記事では、週末起業のアイディア10個を難易度別に紹介しますね!

週末起業のアイディアを探している方、自分にぴったりの事業を見つけたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも週末起業とは?メリット・デメリットを解説

まずは週末起業の概要とメリット・デメリットを簡単におさらいしておきましょう

週末起業とは

本業が休みの日を使い、本業とは別の事業を営むことをいいます。

「週末」とはいいますが、無理に土曜日や日曜日に限定する必要はないので安心してください。平日がお休みのお仕事をされている方は、自分が休みのタイミングに挑戦すればいいのです。丸1日を週末起業にあてられない場合は、日々のすきま時間を使ってもかまいません。

『時間がない』とあきらめず、わずかでもいいので事業に取り組む時間をつくることが大切です

週末起業のメリット・デメリットは次のとおり。

週末起業のメリット週末起業のデメリット
  • 本業を辞めずに済む
  • 失敗してもダメージが少ない
  • 収入の柱を増やせる
  • 休みの日が減ってしまう
  • 取り組める事業が限られる
  • 大きな収益を上げるのは難しい

上記のメリット・デメリットを踏まえると、週末起業を成功させるには「無理なく継続できる事業を選ぶこと」が最も重要です。少ない時間でもコツコツと取り組めて、自分が苦にならない事業を選びましょう。

それでは難易度別に週末起業アイディアを10個紹介していくので、自分にできそうなものがないかチェックしてみてくださいね!

最後に、週末起業を始めるときに税理士が

難易度:易|初心者OKの週末起業アイディア4選

まずは、初めて週末起業に挑戦する方でも始めやすい「難易度:易」の週末起業アイディアを4つ紹介します。

①文字起こし・データ入力

②Webライター

③ネットショップ運営

④インスタグラマー

始める際のハードルが比較的低いので、自分に向いているか試しに挑戦してみる価値ありです。

①文字起こし・データ入力

インタビューや会議の音声データを文字に起こしたり、議事録や名刺などの画像データをテキスト化したりする仕事です。

 

パソコンのタイピングができれば気軽に始められますが、報酬が安いため時給換算すると500円前後になってしまうことも。効率よく稼ぐには、タイピングスピードを上げる必要があります。

 

クラウドワークスランサーズなどクラウドソーシングサイトで受注できるので、興味のある方はのぞいてみるといいでしょう。

収益化の方法クラウドソーシングサイトで企業などから仕事を受注する
メリットパソコンのタイピングができる人なら誰でも可能
すきま時間を使って取り組みやすい
デメリット単純作業なので報酬が安い

②Webライター

インターネット上にあるWebサイトの文章を執筆する仕事で、記事内容は商品PR記事や集客記事、取材記事などさまざま。

 

特別な資格がなくても始められ、すきま時間に少しずつ進められるため、週末起業初心者におすすめです。

 

報酬は案件によってピンキリで、報酬の高い仕事を受けるには正しい日本語の理解、特定分野の専門知識や資格、読者に狙った行動を起こさせるライティングスキルなどが必要になります。

収益化の方法クラウドソーシングサイトや企業との直接契約により仕事を受注する
メリット文章を書くことに抵抗がなければ、初心者でも始めやすい
すきま時間を使って取り組みやすい
デメリット報酬の高い仕事を受けるには、それなりの知識・スキルと経験が必要

③ネットショップ運営

ネットショップを開設し、仕入れた商品やオリジナルの製品を販売する事業です。

 

リアルの店舗を持つよりも少ない資金で開業でき、全国各地からお客様を集められる点が大きなメリット。ただ、販売する商品によっては古物商許可や食品関係営業許可などの申請が必要なため要注意です。また、まだ実績がないうちに大量に商品を仕入れたり、高額な商品を最初から販売するのはオススメしません。

 

無料で使えるネットショップ作成サービスはBASESTORESが有名です。カート機能や決済機能を備えた本格的なネットショップを簡単に作成できます。

収益化の方法ネットショップを開設して商品を販売する
メリット固定費(店舗家賃・人件費など)を抑えて店を持てる
エリアに縛られず集客ができる
デメリット販売する商品によっては許可申請が必要(中古品・食品など)
仕入代や梱包費、送料がかかる
在庫を持つ必要がある

ただし、

④インスタグラマー

人気のSNS「Instagram(インスタグラム)」を使った広告事業は、会社員や専業主婦の副業として、現在とても人気です。すきま時間で取り組めるので、週末起業にも向いています。

Instagramのフォロワーが増えると、企業からPR案件の問い合わせが届きやすくなり、「1投稿○万円」「ストーリー掲載○万円」などの広告料がもらえるようになるのです。

またフォロワーが1万人を超えると、ストーリー投稿に外部サイトへのリンクを貼れるようになります。この機能を利用してアフィリエイト報酬を得ることも可能です。

収益化の方法Instagramのフォロワーを増やし、PR案件やアフィリエイトなどで広告収入を得る
メリット思いついたらすぐに始められる
すきま時間を使って取り組みやすい
デメリット最初のうちは収益が発生しないので根気が必要
フォロワーを増やすため分析力やマーケティング力が必要

難易度:中|クリエイター系週末起業アイディア4選

続いては、創作活動が好きな方や特技を持っている方に向いている「難易度:中」の週末起業アイディアを4つ紹介します。

①ハンドメイド作家

②イラストレーター

③フォトグラファー

④ユーチューバー

クリエイター活動に興味があるなら、楽しみながら収益につなげられますよ。

①ハンドメイド作家

アクセサリーや布小物などハンドメイドが好きな方は、自分の作品を販売してみてはいかがでしょうか。

 

「ものすごく儲かるか?」といえば難しいですが、自分の作品が誰かの手元に届き喜んでもらえるのは、何ともいえないやりがいがありますよ!

 

ハンドメイド作品をオンライン販売するなら、minneCreemaが有名です。メルカリなどのフリマアプリで販売する方法もあります。

収益化の方法自分で作ったハンドメイド作品をネットショップやフリーマーケット、ハンドメイド市などで販売する
メリット趣味を収益につなげられる
デメリット時給換算したときにそれほど高い収益にならない
材料費や梱包費、送料がかかる

②イラストレーター

イラストを描くのが得意な方は、イラストレーターとして週末起業するのがおすすめです。

 

例えば、Webサイトや雑誌・書籍、チラシなどの挿絵に使われる「商業イラスト」は企業からの需要があります。ポートフォリオを作成し、クラウドソーシングサイトや直接営業で仕事を獲得するのが一般的です。

 

アニメ・漫画テイストの作風はファンがつきやすいので、オリジナルグッズや投げ銭で収益化を目指すのもいいでしょう。その場合は、pixivやTwitterなどのSNSに作品を投稿し、ファンを増やすことから始めてみてください。

収益化の方法企業や個人から依頼を受けて、イラストを作成・納品する
ストックイラストやオリジナルグッズ販売などで収益を得る
イラストをインターネット上に公開してファンを作り、投げ銭をもらう
メリット趣味を収益につなげられる
収益化の方法が豊富
デメリットどのような方向で収益化するのかセルフブランディング力が必要
思うような収益に結び付かないこともある

③フォトグラファー

フォトグラファーは、自分で撮影した写真そのもの、もしくは写真撮影サービスを販売する仕事です。

 

写真そのものを販売するなら、一番手軽なのはPIXTAShutterstockなどのいわゆる「ストックフォト」サイトです。作品を登録しておくだけで、営業活動をしなくても写真を販売できます。

 

写真撮影サービスは、軌道に乗れば大きな収益につながりやすいです。学校のイベント撮影や結婚式・成人式の前撮り、不動産物件の撮影など活躍の場はさまざま。「フォトグラファー 募集 業務委託」などでインターネット検索すると、求人が見つかります。

収益化の方法企業や個人に向け、作品や写真撮影サービスを販売する
ストックフォトやオリジナルグッズ販売などで収益を得る
メリット趣味を収益につなげられる
やり方次第で大きな収益につなげやすい
デメリットどのような方向で収益化するのかセルフブランディング力が必要
機材費が必要

④ユーチューバー

今ではすっかり職業のひとつとして認知されている「ユーチューバー」。

自分のペースで動画を作成しYouTubeにアップしていけばよいので、週末起業にも向いています。一定の条件(総再生時間4,000時間以上・チャンネル登録者数1000人以上)を満たすまでは収益化できないのがデメリットですが、別に本業がある場合は収入が途絶えるリスクがないため、それほど問題ではないでしょう。

 

また、ユーチューバー活動を通じて動画編集スキルやトークスキルを身につけられるので、本業でも役に立つときが来るかもしれません。

収益化の方法YouTubeに動画をアップし、PR案件や広告表示により収入を得る
メリット特別なスキルがなくてもアイディア次第でファンがつきやすい
動画編集スキルやトークスキルが身につく
デメリット総再生時間4,000時間以上・チャンネル登録者数1000人以上を達成するまで収益化できない
莫大な手間と時間がかかる

難易度:高|専門家向け週末起業アイディア2選

最後に、特定分野の専門家におすすめな「難易度:高」の週末起業アイディアを2つ紹介します。

①セミナーや教室の講師

②コンサルティング

やり方次第で高い収益性が期待できる事業なので、専門知識をお持ちの方はぜひ検討してみてください。

①セミナーや教室の講師

人に教えられるレベルの特技や知識を持っている方は、セミナーや教室の講師をやってみてはいかがでしょうか。

例えば、パソコン教室や料理教室の先生、家庭教師、英会話講師、ヨガインストラクター、パーソナルカラー診断、ダイエット講座など、本当に多種多様な分野があります。

 

習い事の販売マーケット・ストアカでは、たくさんの講師が独自の講座を掲載しているので、興味のある方は一度のぞいてみてください。

収益化の方法オンラインやリアルでセミナー・教室を主催し、参加費を得る
関連商品を販売する
メリット人気講師になれば高い収益も期待できる
オンラインを活用すれば在宅でできる
デメリット集客が必要
資格や実績が必要

②コンサルティング

コンサルティングとは、企業や個人が抱える課題の解決策を提案し、解決に向けてサポートすることです。

 

結果がすべての仕事ではありますが、自分の知識と経験が商品となるので、金銭的な投資が必要なく利益率が高い点が最大のメリット。

 

コンサルティングの内容は、経営コンサル・戦略コンサル・Webコンサル・キャリアコンサルなどがあります。誰かの課題解決に役立つ知識と経験を持っている方は、週末起業の事業として検討してみましょう。

収益化の方法企業や個人の課題解決に向けアドバイスをし、コンサルティング料を得る
メリット高い収益性を見込める
商品や機材、備品などが不要なので利益率が高い
デメリット集客が必要
結果が伴わなければ顧客満足を得にくい

まとめ:週末起業で低リスクに事業を始めよう!

本業をキープしたまま取り組む週末起業なら、リスクを最小限に抑えつつ、自分の事業を始められます。

 

失敗しても小さなダメージで済むので、この記事を読んでやってみたい事業が見つかった方は、思い切って一歩踏み出してみましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 税理士よしむらともこ/起業の専門家 , 2021 All Rights Reserved.