東京都新宿区四谷の女性税理士です。

税理士に依頼するより安く!独学より確実に!確定申告オンラインプログラム

【副業】ダブルワークで働く会社員必見!いくらから確定申告が必要?事例は?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ダブルワークで働く会社員の方の中で

確定申告は必要?
いくらから確定申告をすればいいの?

と考えている人はいませんか?

 

副収入を得るためにダブルワークをはじめたものの、確定申告をしたことがない方からすると、手続き方法がわからないという場合もあるかと思います。

結論をいうと、ダブルワークで20万円以上の副収入を得ている場合や、複数の会社に勤めている場合は確定申告が必要です!

確定申告をする際には手順が決まっており、もし申告する日程などを間違えるとペナルティが課せられるので注意しましょう。

本記事では、ダブルワークをしている会社員が知っておくべき、確定申告が必要な事例や種類について解説していきます。

  • ダブルワークをしている会社員の確定申告について
  • 確定申告の種類と違い
  • 確定申告の手順

ぜひ参考にしてみてください!!

こちらのメルマガではビジネスを飛躍させるために必須なお金の知識と未来へむけたプランニングの3日間の無料動画の後に、個人事業主やこれから開業を考えている会社員の方にも役立つ節税や利益UPに役立つ情報を定期的に配信しています。是非ご登録してくださいね。

副収入目的でダブルワークをしている会社員は確定申告を意識しよう

副収入目的で、2つの仕事を掛け持ちするダブルワークをはじめる会社員の方も増えてきていますが、気をつけなくてはいけないのが「確定申告」です。

確定申告とは

1年間で得た所得にかかる税金を計算し、納めるべき税額を国に報告するための手続きを意味します。

会社員の場合、毎月の給料から納めるべき税金を天引きされているので、基本的に確定申告を自分で行う必要はありません。

 

しかし、外部にて副収入を得たとなると支払うべき所得税や住民税の金額が変化するので、確定申告の申請をする必要があります。

確定申告をして税金の精算をしなくては、会社にダブルワークがバレたり、延滞税が課せられたりするなどのリスクを伴うので注意しましょう。

会社員のダブルワーク|いくらから確定申告が必要となる?事例は?

次に、ダブルワークで働く会社員の中で、確定申告が必要な事例について紹介していきます。

 

以下の条件に当てはまる場合は、確定申告を必ず行うようにしましょう!

  • 本業の給料以外に副収入を得ている
  • 2つ以上の会社で働いていて、1社のみで年末調整を受けている
順番に解説していきます!

本業の給料以外に副収入を得ている

本業の給料以外に副収入を得ている場合、確定申告を行わなくてはいけません。

 

本業で得た所得に対する税金の精算は年末調整にて行われますが、本業以外で得た収入に対する税金の精算は、確定申告をしない限り申請ができないからです。

 

アルバイトやちょっとした副業もダブルワークに含まれるので、確定申告をする必要があります。

ただし、年間で20万円未満の所得(売上から経費を差し引いた金額)なのであれば、確定申告をする必要はありません。

あくまで20万円以上の所得を得たときに確定申告は必要なので、申請をする際には注意をしましょう。

注意点:20万円未満の所得でも住民税申告が必要

20万円未満の所得なら確定申告は必要ありませんが、住民税申告を行わなくてはいけません。

住民税申告とは

その名の通り『住民税の申告』を意味しており、都道府県と市区町村に支払う税金を合わせた総称です。

そもそも住民税は所得に応じて加算されるため、20万円未満の所得だったとしても申請をする必要があります。

住民税申告をしなかった場合、脱税行為となってしまうので必ず申請をするようにしましょう。

2つ以上の会社で働いていて、1社のみで年末調整を受けている

会社員の中にはダブルワークとして2つ以上の会社で働いている人もいますが、1社のみで年末調整を受けている場合も確定申告が必要です。

 

もともと年末調整ができる会社は1社だけと決まっており、複数の会社から給料をもらうとなると税金の計算ができなくなります。

ただし、確定申告をすることで複数の所得をひとまとめにでき、納めるべき所得税が計算されるのです。

なので、もし2つ以上の会社から給料をもらっているのであれば、必ず確定申告をしていきましょう!

確定申告の種類と違い

確定申告を行うとなると、以下の2種類どちらかを選ばなくてはいけません。

  • 青色申告
  • 白色申告

会社員の中で、ダブルワークをしつつ節税も意識するなら、青色申告を選ぶのがおすすめです!

 

なぜなら、青色申告をすることで『青色申告特別控除』を受けれるからになります。ここでは、青色申告と白色申告の違いについて詳しく解説していきます。

青色申告は節税になる

青色申告とは、所得や支出など、細かい支出入を帳簿に記帳して申告をする方法です。

青色申告をすれば『青色申告特別控除』により、「10万円・55万円・65万円いずれかの控除」を受けられ、節税にもなります。

また、青色申告を行えば赤字の繰り越しができ、ある年の所得がマイナスになったとしても黒字分から控除することも可能です。

ただし、日々の収益などをまとめる『複式簿記』という複雑な帳簿を記載しておかなくては申請ができません。

忙しく、簿記の知識のない方でも青色申告を行える方法について、以下にまとめてみました!

①会計ソフトを使う

記帳が複雑な青色申告ですが、会計ソフトを使えば簿記の知識がなくても簡単に記帳することができますよ。

②記帳代行業者に依頼する

記帳作業に割く時間をなくして、事業(副業)に集中したい。そんな方には記帳代行がおすすめです。

③オンラインプログラムで学ぶ

自分で経理や確定申告ができる知識を身につけたいなら、オンラインプログラムがおすすめ!副業を将来、本業にしたいと考えていたり、会社員からいずれ起業を考えている方は、お金や経理の知識を今のうちに身につけておくといいですよ!

もし「本業の仕事が忙しい」などの理由でどうしても帳簿がつけられない場合は、次で紹介する白色申告を検討しましょう。

白色申告は簡易的な帳簿で申告可能

白色申告は青色申告と違って、簡易的な帳簿を用意しておくことで申告できる方法となります。

 

青色申告で必要な『複式簿記』を使った帳簿の作成が免除されるので、忙しい会社員でもお手軽に申告できるのが特徴的です。

その代わり控除がありませんので、最終的には青色申告に比べて支払う税金が高くなるというデメリットがあります。

 

なので、もし節税を意識していくのであれば、できるだけ青色申告を選ぶようにしましょう!

ダブルワークで働く会社員が確定申告を行う際の手順

最後に、ダブルワークをしている会社員が確定申告を行う際の手順について解説していきます。

大まかな流れとしては、以下の通りです。

  1. 帳簿を作り、収入や経費などを記帳する
  2. 確定申告に必要な書類を準備する
  3. 税務署に申告をする

それでは、それぞれ詳しい手順を見ていきましょう!

帳簿を作り、収入や経費などを記帳する

まずは、確定申告に必要な帳簿を作っていきましょう。

白色申告なら家計簿のような帳簿で問題ありませんが、青色申告を意識するなら『複式簿記』が必要です。

 

ダブルワークで得た収入や経費などを日々帳簿に記していくクセをつけていくことで、帳簿作成の大変さは軽減されますよ!

確定申告に必要な書類を準備する

次に、確定申告に必要な書類の準備を進めていきましょう。

青色申告と白色申告とで、準備する書類関係が少し異なります。

青色申告は複雑な複式簿記を使った帳簿の作成が必要なので、以下の書類を準備しなくてはいけません。

青色申告白色申告
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書(A)
  • 支払い調書
  • 青色申告決算書
  • 控除証明の書類
  • 確定申告書(A)
  • 支払い調書
  • 控除証明の書類
確定申告書はAとBの2種類があり、得た所得に応じて選ぶ用紙が異なります。

ただ、確定申告書(A)の方が書くべき項目数も少ないので、会社員にもおすすめです。

税務署に申告をする

必要な書類を準備できたら、住んでいる地域にある税務署に申告をしていきましょう。

申告方法としては、窓口に直接必要書類を持参するのか、郵送で提出するかを選ぶことが可能です。

 

ただし、原則としてその年の2月16日から3月15日までの間に提出しなければいけません。

もし3月15日を過ぎて申告をしてしまった場合、付帯税(延滞税)が発生してしまい、余計な税金を支払う結果となってしまいます。

日付が近づいたら早めに申告するようにしましょう!

 

確定申告を自分で行う際の、より詳しい方法については、以下の記事がおすすめです!

まとめ

ここまで、ダブルワークをしている会社員が意識するべき確定申告について詳しく解説しつつ、申告が必要な事例や種類、手順についてまとめていきました。

 

ダブルワークをする会社員の人は年々増加していますが、確定申告や支払うべき税金について知らないという方はたくさんいらっしゃいます。

 

ぜひ本記事を参考にして、失敗のない確定申告を行ってくださいね!!

売上UPしたら、しっかりと節税!法人化もベストなタイミングで!
★ビジネスを飛躍させるために必須なお金の知識と
未来へむけたプランニングを大公開!!

★個人事業主のお金の管理が学べる
★節
税や確定申告や経理に役立つ情報が随時配信してます。
             

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 税理士よしむらともこ/起業の専門家 , 2021 All Rights Reserved.