東京都新宿区四谷の女性税理士です。

税理士に依頼するより安く!独学より確実に!確定申告オンラインプログラム

YouTubeやライバーの投げ銭 税金はどうなる?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
最近は、投げ銭についてのご相談も増えてきています。お金を稼ぐと必ず関係してくるのが税金なので、今日は『投げ銭の税金について』まとめてみました。
 
投げ銭 もらった~~!!税金って関係ある??どうすればいいの?
 
という方も多いのではないでしょうか?
 
この記事を読めば、こんなこと↓↓がわかるようになります。
 

  • 投げ銭を受け取った場合の税金はどうなるか
  • 投げ銭を払った場合の処理はどうなるか
  • 投げ銭を受けとる配信者はどんなものが経費にできるか

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

YouTube スパチャ 投げ銭って何?

 
 
「投げ銭」とは、YouTubeやライバーが行うライブ配信で使う機能のことです。
 

YouTubeの投げ銭の機能のことをスーパーチャット(スパチャ)と言います。

ライバーというのは、ライブ配信を行う人のことで、ライブ配信中に投げ銭をもらう機能があります。

ライブ内容面白い~~~!!好き!!応援したい!!

と思ったら、有料のチャット機能=「投げ銭」で視聴者が配信した人に向けて、お金を送ることができます。

100円~50,000円の金額を送ることが可能です。この投げ銭は、最近とても注目されていますね。

投げ銭を受け取ったら、税金がかかる?

 
投げ銭を受け取ったら、投げ銭は収入なので、基本的には税金のことを考える必要があります。
 

①事業所得のケース:『事業』としてライブ配信を行っている場合 

 
Youtubeなどのライブ配信を『事業』として行っているときは、個人事業主の場合は『事業所得』に該当します。後でくわしく説明しますが、事業所得の金額が一定の金額を超えるようであれば、『確定申告』をする必要があります。
 
 
ライブ配信がご自身のビジネスの売上に貢献していて、かつ、「事業」として行っている場合に事業所得になります。
 
 
「事業」とは何かというのは、法律上、明記されているわけではないのですが、過去の裁判例などからつぎのようにいわれています。
 
 

【事業所得はつぎのような条件で総合的に判断】

条件意味

営利性や有償性があるか

商品を適正な価格で販売して利益を得ているか?
継続性や反復性事業を継続的に何度も行っているか?
自己の計算と危険において独立して行っているか?事業資金を貯金や融資から得ているなど自分の資金で行っている
事業として客観的に成立しているか?

・会社員よりも事業を行っている時間の方が長い

・第3者が見ても事業を行っていることがわかる。(事業というのは、その収入だけを元手に暮らしていけるかというようなことも含まれます)

ですので、お小遣い稼ぎと言えるような金額の場合は、「事業所得」ではなく、つぎの「雑所得」に該当します。

 

②雑所得のケース:会社員がライブ配信を行っている場合など

 
会社員が、ライブ配信を行って投げ銭を得た場合、事業として行っていない場合、通常「雑所得」に該当します。(③のケース以外)
 
 
 
通常のお小遣い稼ぎくらいの収入であり、まだ売上規模が小さい方は、「雑所得」で処理をする方が経理処理も簡単ですし、私はオススメです。
 
 
 
雑所得にすると、事業所得で青色申告にした場合に比べて、節税の特典がとれない(65万控除や損失の翌年への繰り越しなどがない)こともありますが、控除を受けるほどの売上でも利益でもないときは、受けたところでメリットが少額という場合は、雑所得で確定申告しましょう。
 
 
 
このあたり、税理士にもよって、見解も違う部分ではあります。まだ収入少ないし、あえて、リスクとる意味ないでしょと思う方には、あっている方法です。
 
無理に事業所得で青色申告にした分を後日、税務署から覆されるリスクも、余計な心配をする必要もないので安心です。
 
 
 
※事業として行っていないというのは、副業は事業所得なのか雑所得なのかという論点で結構、長い話になってしまうので、ご興味がある方は、こちらの記事をご参照くださいね。
 
 
 
 
 

③ライバー事務所に所属している場合

 
1)ライバー事務所に「ライバー」として所属していて、『報酬』を得ている場合は、『事業所得』か『雑所得』に該当します。
 
判断のポイントは①②と同じになります。
 
 
 
2)ライバー事務所に「ライバー」として所属していて、雇用契約を結んでいる場合は、『給与所得』という形でお金を受け取ることになります。
 
 
この場合は、ライバーとしての収入はライバー事務所に入り、ライバー事務所からは、「給与」という形でお金が入ってきます。
 
 
給与の場合、「給与所得控除」という概算の経費枠のようなものも使えるし、通常は年末にライバー事務所が「年末調整」をしてくれるので、自分で確定申告をしなくて済む可能性も高いです。
 
 
こちらのメルマガではビジネスを飛躍させるために必須なお金の知識と未来へむけたプランニングの3日間の無料動画の後に、個人事業主やこれから開業を考えている会社員の方にも役立つ節税や利益UPに役立つ情報を定期的に配信しています。是非ご登録してくださいね。投げ銭のようなTOPICな論点も随時配信してます!
 
 

投げ銭を受け取った場合の確定申告が必要になるの?

 
【本業が個人事業主 他の所得はない場合】
 
 
投げ銭収入があり、個人事業主で行っている場合は、投げ銭を含めた事業所得の金額がプラスになる場合は、事業所得で確定申告が必要となります。
 
繰り返しになりますが、投げ銭は「売上」に含めて計算してくださいね。
 

所得とは

1年間の「売上」から「必要経費」と「各種控除」を差し引いた金額

 

具体例

年間売上が120万円、各種経費に30万円だったとします。

 

ここから「基礎控除の48万円(所得金額2,400万円以下の場合)」と「社会保険料控除」や「生命保険料控除」などを差し引けます。この残りの金額がプラスの場合は、確定申告をする必要があります。一方、マイナスの場合は、確定申告をする義務はありません。ただし、確定申告をした方が赤字を繰り越せたり、源泉徴収されている場合、その金額が還付になったり、申告をした方が得な可能性は高いです。

 
【本業が会社員で「投げ銭収入」がある場合】
 
 
本業の給与は、会社で年末調整が完了している場合、投げ銭を含めて計算した所得(事業所得も雑所得)が20万円を超える場合は、会社員の場合でも、確定申告をする義務があります。
 
 
 

投げ銭を払った場合、確定申告で経費(費用)はみとめられるの?

 
私は投げ銭を払ったんだけど、これって経費にはできるの?

 
投げ銭を行うことにより、自分のライブ配信が伸び、それが売上につながるということであれば、『経費』にすることができます。
 
 
事業所得にした場合でも雑所得にした場合でも、その所得区分の売上に関連し、貢献していると説明がつくものであれば、それは『経費』です。
 
 

投げ銭を受け取る配信者は、どんなものが経費になる?

どんなものが経費にできる???

この考え方は、投げ銭を受け取る配信者だけが特別なわけではなく、「事業に紐づくものが、経費になる」という基本はかわりません。

投げ銭を得るくらいの配信を行っている方であれば、こんなものが経費になります!勘定科目ものせておいたので、参考にしてくださいね。

勘定科目経費内容
消耗品費撮影に使うPCで10万円未満のもの。10万円以上のものは原則、固定資産として計上した後、期間で減価償却費で計上。
消耗品費撮影用照明で10万円未満のもの。10万円以上のものは原則、固定資産として計上した後、期間で減価償却費で計上。

消耗品費

撮影用のカメラなどの購入代金で10万円未満のもの。10万円以上のものは原則、固定資産として計上した後、期間で減価償却費で計上。
消耗品費

衣装代(プライベートでも使用していないこと 使用しているのであれば事業用で使用している割合で按分して経費にする)

消耗品費

インテリアなどの装飾や小道具など(ただし、ライブ配信用のものに限る)

旅費交通費

撮影のためにかかった旅費交通費・宿泊費

広告宣伝費または研修費(意味合いにより使い分け)

他の配信者への投げ銭(これにより、自分の配信をみてくれる人が増え、売上につながる要素の高いもの)

会議費

ライブ配信についての打ち合わせの飲食代(会議費)

支払手数料または支払報酬

税理士や会計士への報酬

広告宣伝費

配信の認知を広げるための広告宣伝費用(WEB広告等)

※勘定科目は、絶対にこれ!!と決まっているわけではなく、ご自身でその意味合いに応じて決めてOKです。ある程度自分でこういうときは、これを使うと決めて、継続して使っていくことが大切です。

まとめ:YouTubeやライバーの投げ銭(スパチャ)を受け取った場合は?払った場合は?

YouTubeやライバーの投げ銭(スパチャ)が投げ銭を受け取った場合、ライブ配信を事業として行っていれば、「事業所得」になります。「事業」として行っていなければ、「雑所得」になります。

YouTubeやライバーへ投げ銭(スパチャ)を送った場合=支払った場合は、その支払いが自分の売上に貢献するものであれば、『経費』になります。

 

それでは。

 

確定申告のやり方に行き詰まった場合は、税務署や税理士へ相談をするのもおすすめです。当サイトでは、確定申告をスムーズに行うためのオンラインプログラムもご用意していますので、よければご覧くださいね^^(※オンラインプログラムは事業所得で申告をする方のためのものです。)

個人事業主応援!お悩み別4つのプランが誕生!
グループ相談会では、税理士に直接相談できます!!

売上UPしたら、しっかりと節税!法人化もベストなタイミングで!
★ビジネスを飛躍させるために必須なお金の知識と
未来へむけたプランニングを大公開!!

★個人事業主のお金の管理が学べる
★節
税や確定申告や経理に役立つ情報が随時配信してます。
             

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 税理士よしむらともこ/起業の専門家 , 2021 All Rights Reserved.