講座依頼、取材依頼、執筆依頼、お気軽にお声がけください。

税理士に依頼するより安く!独学より確実に!確定申告オンラインプログラム

事業復活支援金の登録確認機関の事前確認について

 

この記事を書いている人 - WRITER -
事業復活支援金では、不正受給の防止のため、士業などによる事前確認が必要です月次支援金や一時支援金の給付を受けていない場合には事前確認が必須となります

よしむらともこ税理士事務所では、「税理士」が事前確認を行います。

※当業務は2022年2月1日に公表の情報を基に記載しております。
※個別のご相談には応じておりませんので電話、問合せフォームなどからのお問い合わせには対応できかねますので、ご了承ください。

内容をしっかりとご理解してからお申し込み頂かないと後々トラブルになることが予想されます。そのため、こちらのお引き受け条件を一方的に提示するような書き方になってしまい申し訳ないのですが、必要な内容ではありますので、一度お読みいただけますと幸いです。

事業復活支援金の事前確認の対象者

沢山の方にお申し込み頂いておりますが、対応できる件数が限定されておりますので、下記の要件に該当するお客様のみお受けしております。

・事業復活支援金の給付対象や申請要件については、ご自身で確認済の方

申請に必要な書類をご自身でご用意いただける方

連絡方法についてメールでの対応を行うことができる方

・ZOOMで行うことができる方(もしくは四谷事務所で対面)

法人設立1期目の申告書の提出が完了している方、個人事業主は令和2年分の確定申告書提出が完了している方。 (※新規設立や新規開業については対象外とさせて頂きます。)

個人事業主/フリーランスの方の場合、事業所得を有していること。※給与所得、雑所得の方は対象外とさせて頂きます。)

事業復活支援金の申請対象の計算方法や申請方法っていつも難しく書いてあって自分が対象なのか判定が不安・・・・・・

事業復活支援金 事前確認報酬

無料での事前確認は行っておりません。不正受給の防止のために事前確認という制度が設けられているため、その趣旨に沿った確認を行うと当方としてもそれなりの工数がかかってしまうので、有料とさせて頂いております。

・33,000円

※事前に銀行振込またはStripeというクレジット決済(WEB上)でお願い致します。

原則は、ZOOM(オンライン)または東京都四ツ谷の事務所へご来所いただく形で事前確認を実施します。事前確認当日のご都合が悪くなった場合には、2営業日前のご連絡であれば1回まで、日程変更可能です。ただし、ご入金後のキャンセル等のご返金には対応しておりません。

 

また、事前確認のみの報酬であるため、成功報酬ではありません。確認後のキャンセルや事前確認をしたが、必要事項が確認できない場合、給付の対象でなかった場合でも報酬の返金は致しかねますので、ご了承ください。

 

Twitterでも事業復活支援金の続報やその他給付金の情報をリアルタイムでお届けしています。フォローお願いします。

事業復活支援金 事前確認に必要な書類

ここに記載がなくとも、事業復活支援金のページに従って行いますので、必ずご自身でも、必要書類を事業復活支援金のページからご確認ください。

1-本人確認書類

下記のいずれかをご準備ください。

  • マイナンバーカード(オモテ面のみ)
  • 運転免許証(両面)
  • 写真付きの住民基本台帳カード(オモテ面のみ)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 住民票及びパスポート
  • 住民票及び各種健康保険証

法人は、3カ月以内の発行の謄本もご用意ください。

2-確定申告書の写し

  • 法人の場合:対象月の前年同月および前々年同月を含む確定申告書(別表一、法人事業概況説明書)
  • 個人事業主:対象月の前年および前々年の確定申告書(第一表、青色申告決算書)
  • 電子申告のため税務署の収受印がない場合には、受信通知

3-帳簿書類(2018年11月から対象月までの各月)

  • 2018年11月から対象月までの売上台帳、請求書、領収書をご用意ください。

4-通帳(2018年11月以降の全ての事業の取引を記録しているもの)

  • 2018年11月以降の全ての事業の取引を記録している通帳をご準備ください。

5-宣誓・同意書

  • 「宣誓・同意書」代表者又は個人事業者等本人が内容を確認・理解の上、自署したもの。

→宣誓・同意書のフォーマットはこちら

お申し込みの流れ

お申し込みは以下の流れでお願いします。

①下記のお申し込みフォームからお申し込みください。

②ご請求書をお送りし、事前確認4日前までにご入金ください。

※3日前までに入金確認ができない場合は、自動でキャンセルとなります。

③日程決定 ZOOMリンクをお送りします。

④事前確認の実施

⑤事前確認登録を行う(事前確認通知番号をメールにてご報告)

必要な方は、是非お申し込みください。事前確認が遅れると、申請も遅くなってしまうので、給付をお急ぎの方はなるべくお早めにお申し込みください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 税理士よしむらともこ/起業・副業の専門家 , 2022 All Rights Reserved.