東京都新宿区四谷の女性税理士です。

個人事業主が法人化を検討するタイミングは?

tomoko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
tomoko

こんにちは。
税理士のよしむらともこです。

個人事業主の方はビジネスが軌道にのってきて、売り上げが増えてくると、『法人化』はどうしようかなって考えますよね。

今日は法人化を検討した方がよい時期について書いてみたいと思います。

 

法人化した方が有利?不利?

 

法人化した方が有利なのか不利なのか?

必ず考えるべきポイントは個人事業の時にかかる税金法人にした時にかかる税金はどっちが少ないのか?ということです。

よく本などでは、『分岐点はどこ?』なんて言い方をしていますよね。
この場合の分岐点とは、個人よりも法人化した方が有利になるラインということです。

 

個人事業主は、法人化を所得500万円を超えたら検討しよう

 

まず、個人事業の場合は、所得税。法人の場合は、法人税がかかりますよね。

この所得税の税率が、最大で45%まであるのに対し、法人税は、最大で23.2%です。

 

法人化は、所得税の税率 > 法人税の税率 となったときに、検討する必要があります。

具体的には、事業所得(ここでは利益と思ってください)が、500万円を超えたら、一度どちらが有利か検討をしてみましょう。

 

まず、所得税の税率についてみてみよう

 

所得税は、所得(ここでは利益と一緒と思ってください。)が高ければ高い程、税率も高くなります。(※株や不動産譲渡を除く一般的な事業所得を想定)

つまり。

所得税は、税率が最大で45%なので所得が高い人は利益の約半分が税金でもっていかれてしまいます。

 

具体例で、所得税の税率をみてみましょう

利益が190万円だったら、下の表1で税率は何%になりますか?

税理士TOMOKO

                  表1所得税の税率表】

利益      税率
195万円以下 5%
195万円を超え330万円以下 10%
330万円を超え695万円以下 20%
695万円を超え900万円以下 23%
900万円を超え1800万円以下 33%
1800万円を超え4000万円以下 40%
4000万円超 45%

 

 

 

 

 

 

5%じゃない??   

女性社長

そのとおりです!!

利益が195万円の人は、195万円以下のところの所得税の税率5%がかかります。

 

では、利益が4,200万円だったら、税率は何%になりますか?

税理士TOMOKO

 

45%!!

女性社長

 

正解ですっ!!

1番下の4,000万円超の所得税の税率45%がかかりますね。

 

つぎに、法人税の税率についてみてみよう

 

法人税の税率はどんなふうになっているでしょう。

所得税が利益の金額に応じて、45%までどんどん税率があがっていくのに対し、法人税は、最高で税率が23.2%となっています。

また、表2で具体的にみてみましょう。

下の表で、利益が1,800万円だったら、税率は何%になりますか?

税理士TOMOKO

               

 

                  表2【法人税の税率表】

利益(課税される所得金額) 法人税の税率
800万円以下 15%
800万円を超える部分 23.2%

 

 

 ※資本金1億円以下の中小法人でその他の法人との資本関係等はないものと想定

 

23.2%じゃない?

女性社長

 

利益が800万円以下の場合は、15%となり、それを超えたらずっと税率23.2%となります。

800万円までは、15%で残りの1,000万円に対しては23.2%の税率になるんです。

税理士TOMOKO

?????

女性社長

 

具体的な計算は、800万円×15%+1,000万円×23.2%ってことです。

税理士TOMOKO

 

 

ここまではわかったわ!!

女性社長

 

所得税の税率と法人税の税率を比べてみよう

 

ここまできたら、所得税の税率の方が、法人税の税率よりも明らかに大きければ、法人化した方が有利ということがわかりますね?!

 

では、最後の質問です。

例えば利益が1,800万円の場合はどちらが有利ですか?

税理士TOMOKO

 

所得税は、税率33%になる。

法人税は、800万円までは15%の税率で、のこりの1,000万円については23.2%の税率になるから、法人税の方が有利?

女性社長

 

すごい!そうですね。

税率だけの比較でいうと、法人化した方が有利ですね。

税理士TOMOKO

 

こんな風に、利益が大きければ大きいほど所得税の税率は高いので、法人化した方が有利となってきます。

 

まとめ

 

個人事業主の方が法人化を検討するタイミングについて、ざくっと税率の差だけを使って、大枠を説明しましたが、考え方の基本はこんな感じです。

冒頭にお話しした『利益が500万円超えてきたら~』というのは、税率が法人税の方が有利になりはじめるラインだからです。

 

もちろん、利益が500万円以下でも、法人税の方が、所得税より税率が低い場合はあるのですが、法人化するための費用などもかかることを含めて考えると、メリットが感じられるのは、最低利益が500万円のラインかなと思います。

 

あくまでも、個人的な見解ですし、従業員がいるいないや扶養の情報など個々の前提条件によっても、結果は違ってきますので、正式にご検討される際は個別に税理士に相談されてみてくださいね。

 

それでは。

こんな情報から節税情報までメルマガで週1で配信しています。

税理士よしむらともこに直接相談してみたいというかたは、是非↓↓個別コンサルにお越しください。

ただ知らないというだけで損していることって意外と多いです。

顧問契約をお考えの方からスポットでご相談したい方まで大歓迎です。

 

『知らないと損する経理と税金の話』メルマガ登録お願いします!!!

 

体験カウンセリングのご案内

お申し込みはこちらから

通常 1時間 7,000円+税

起業したてで右も左もわからない方、法人化を検討されている方、様々なステージの方にご利用頂いています。

メルマガ読者様は、1時間 5,000円+税

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
tomoko

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© よしむらともこ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.