東京都新宿区四谷の女性税理士です。

医療費控除の漏れはない?家族の分や病院の往復交通費もいれてる?

tomoko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
tomoko

こんにちは。税理士のよしむらともこです。

いよいよ確定申告が近づいてくると、そろそろ領収書の入力をしなきゃとか、どこから手をつけていいかわからないとかそんな声が最近よく聞こえてきます。

平成30年度の確定申告2019年2月18日~2019年3月15日迄です。
ちなみに、付申告の場合は2019年1月1日からもう提出することができるんですよ。

確定申告は、直前にあせって作業すると、ほんとはあの控除つかえたし、後からあの経費もあったのに~!!ってことになりがちです。

 

もっと早くやっておけばよかった~!!

 

早めに作業を終わらせて、余裕をもって確定申告書を提出しましょうね。

さて、今日は医療費控除のポイントについて書きます。

しっかりポイントをおさえるだけで、納める税金が減ったり、還付される税金が増えたりしますよ。

 

医療費控除はご家族の分も1人にまとめてした方がお得

 

医療費控除は、あなたの医療費だけじゃなくて、ご家族の分も一緒にあなたの確定申告でまとめて医療費控除をうけることができます。

だし、ご家族の中であなた以外の他の方にも収入がある場合には、1番所得(もうけ)が多い人で医療費控除をまとめてうけるのが節税効果が高いことが多いです。

所得が高いということは、所得税の税率も高いのでその人の確定申告で医療費控除をとった方が税額を減らす効果が大きいからです。

 

医療費控除は病院での支払だけでなく、病院の往復の交通費もいれよう

 

医療費控除には、病院に行く為にかかった往復の交通費もいれてOKです。
電車賃など、領主書がないものはエクセルで日頃から集計をしておきましょう。

こんな感じの項目を入力してエクセルでのこしておけばいいですね。

  • 通院した日
  • 通院した人(自分か家族か)
  • 病院名
  • 往復の交通費

 

また、お子さんやお年よりの通院にご家族が付き添う場合、付き添った人の往復交通費も医療費控除の対象です。
病院に行く人の年齢や状態から、その方を1人で通院させることが危険や無理な場合には、付き添い人の交通費も医療費控除にいれていいことになっています。

 

医療費の領収書を税務署に提出は不要

 

医療費の領収書は。『医療費控除に関する明細書』の提出をすれば、税務署に提出をする必要はありません。税務署もきっと保管場所に困るからですね。
ただし、医療費の領収書の原本はご自宅で5年間は保管が必要です。捨てないでくださいね。

『医療費控除に関する明細書』に病院それぞれの合計金額を書くだけです。

※国税庁の平成30年確定申告準備編から画像はお借りしております。

 

健康保険組合からの『医療費のお知らせ』がある場合は・・・

 

これは、平成29年から変更になった部分です。

医療費の領収書の集計が大変だよ~という方。

健康保険組合から送られてくる『医療費のお知らせ』の総額を医療費控除の明細書に記入するのみでも大丈夫ですよ。
領収書の枚数が多い方は、こちらの方が作業の手間が減って、楽ですよね。

※国税庁の平成30年確定申告準備編から画像はお借りしております。

 

まとめ

 

今日の内容は、超簡単でしたね。

ポイントは3つ

  1. 医療費控除はご家族の分もまとめてするとお得なことも
  2. 医療費の領収書の税務署への提出は不要!ただし5年保管
  3. 医療費控除の明細には、『医療費のお知らせ』を総額を記入すると楽

 

それでは、また~。

この記事を書いている人 - WRITER -
tomoko

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© よしむらともこ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.