東京都新宿区四谷の女性税理士です。

売上アップさせるには?売上UP計画のポイント

tomoko
WRITER
 
売上アップするには
この記事を書いている人 - WRITER -
tomoko

こんにちは。

税理士のよしむらともこです。

また、子供に怒ってしまった・・・4歳の長女の姿がちょっとみえないな~と探したら、洗面台や床に私のマニキュアをまき散らしていて・・・

そういうときに「いいよ」って言って、怒らないママになりたいな~と思うのですが、鬼の形相で床をせっせとふいてました。

子供が寝て、ブログを書いている今、あんなに怒らなくてもよかったかな・・・・とちょっと反省しています。

 

日本の中小企業の7割は赤字

 

日本の中小企業の7割が赤字なことはご存知でしょうか?

たったの3割しか黒字ではないんですよ。

 

さらに。その存続率がどれくらいかわかりますか?

なんと。。。

 

10年で3割の事業がなくなってしまうと統計がでています。

いま、起業ブームでたくさんの方がご自身で事業をされていますが、『長くつづくビジネスにすること』がいかに大変なことなのかわかりますよね。

 

社長はまず売上UPに力のすべてを注ごう!

 

とにかく、やっぱり売上ありきです。起業したばかりの方はそこに全ての力を注ぐのがいいです。

売上がないのに、経費削減や節税に注目しても正直、意味は薄いです。

 

売上が多くあがって儲かっていないと、そもそも「経費削減」するところがない。

元手となるお金がないので、減らす経費がない!!ということになってしまいます。

節税も同じです。

特殊な場合を除いて、生命保険や中退共に加入したり、少額資産を購入したり、節税をするにもお金が必要になります。(お金がかからない節税といって不良在庫の処分なども挙げられますが、これも過去に購入したものを処分して経費にするというだけなのでお金がかからないとはちょっと違います。)

 

長くビジネスをつづけるには、手元にお金がないとできません。

経営者が最優先すべきなのは、売上をふやして継続して利益をあげていき、お金を多くのこすことです!!

 

売上=客数×客単価×購入頻度の3つにわけて考えてみよう

 

じゃあ、売上を増やすには具体的にどうすればいいのでしょうか。簡単な着眼点をお伝えしますね。

飲食店でもコンサル業でも美容室でも売上をアップさせる方法の基本的な考え方は同じです。

 

売上は、客数×客単価×購入頻度 のたったの3つからのみ構成されています。

これは、私が考え出したものではなく、アメリカの超有名なマーケッターのジェイ・エイブラハムが提唱している有名な売上方程式です。

マーケティングの専門家による公式ですが、売上UP(売上アップ)を数字でわかりやすくとらえることができるので、数字を使って、分析や目標設定をするときにもオススメです。

 

もう一度、いうと!!

売上を増やすには、3つだけです!!

 

お客様の数を増やすか

単価をあげるか

購入頻度をあげる つまり リピートを増やすか

 

 

 

大切なのは、いますぐやること!

 

上の3つの項目のうち、どれができそうですか?

このうち1個にしぼって売上UPしてもいいですし、2つの項目を少しずつUPしても売上UPにつながります。

ご自身のビジネスにあてはめて考えると、具体的に何ができそうでしょうか。具体的にどんな行動がありますか?項目別に是非、考えてみてください。

 

ポイントはいま、やることです!!

たとえば、客数を増やすには何ができるか考えてみましょう。

広告を出す、紹介をふやす、セミナー開催などをして新規顧客を開拓するなどがありますよね。

 

客単価をあげるには、なにがあるでしょうか。

品質をあげるアップセル(今よりグレードの高い商品を提案)クロスセル(オプションや関連商品の購入を促す)などがあります。

 

購入頻度をあげるには、何がありますか?

リピート客や定期購入を増やすなどなど

 

売上UP計画を具体的にたてよう

 

さて、具体例として売上行動計画表をのせてみます。

こんな簡単なもので十分なのでまず、一度書き出してみてください。

 

 

 

 

 

 

売上UP計画のチェックポイント

 

計画できましたか?

いまたてた計画のチェックポイントがあります。

 

チェックポイント1つめ。

あなたの理念(想い)と売上UP計画の行動は紐づいていますか?

たとえば、ブランドを重視して、質の高い商品を良質な顧客に寄り添いながら届けたちという想いや経営方針なのに、薄利多売で商品をひたすら安く、数多く売ろうとしてたら、あなたの想いとビジネスがかけ離れてしまうことになりますよね。

 

 

チェックポイント2つめ。

3つの項目ごとの行動計画と目標の数字は実現可能な数字になっていますか?

目標が壮大なものでも、それを細分化したときに、1つ1つが簡単で実行可能なものであれば、必ず達成できます。

でも。

1個1個があまりに大きい塊だったり、最初からムリめな数字であれば、計画倒れになってしまうので、ここはしっかりと見極めましょう。

 

まとめ

 

簡単にでも構わないので、できるところから具体的に「数字」を使って、売上をUPさせる方法を考えてみてください。

着地点がない飛行機はどこに着陸していいかわからないけど。

数字を使って、着地点をさだめて、ひとつひとつをクリアにしていけば、どんな経営者もかならず、自分のいきたいところへたどりつけるはずです。

私も、そう信じて、自分の事務所の経営を頑張っています!!

では、また。

 

=================================

お役立ち情報をメルマガで配信中です。

また、税理士よしむらともこに直接相談してみたいというかたは、是非↓↓体験カウンセリングにお越しください。

ただ知らないというだけで損していることって意外と多いです。

顧問契約をお考えの方からスポットでご相談したい方まで大歓迎です。

 

『知らないと損する経理と税金の話』メルマガ登録お願いします!!!

 

体験カウンセリングのご案内

お申し込みはこちらから

通常 1時間 12,000円+税

起業したてで右も左もわからない方、法人化を検討されている方、様々なステージの方にご利用頂いています。

メルマガ読者様は、1時間 10,000円+税

 

この記事を書いている人 - WRITER -
tomoko

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© よしむらともこ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.