東京都新宿区四谷の女性税理士です。

税理士に依頼するより安く!独学より確実に!確定申告オンラインプログラム

確定申告が済んだら、帳簿は捨てていい?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。税理士のよしむらともこです。

確定申告が終わったから帳簿は捨てていいよね?

確定申告の書類の保存(保管)期間は?

確定申告が終わったからって捨てるのはNGです!!絶対に捨ててはダメですよ~。確定申告の帳簿や現金 預金の取引の書類は7年間、領収書や請求書は5年間は保管をすることがマストです。 

 

書類によって、5年のものと7年のものがありますし、同じ年度の書類を保管年数でわけるのは、手間がかかるので、全部7年間で保存しておくのがオススメです。

青色も白色も年数が違うものも一部ありますが、こちらもあまり考えずに7年間で保存をしておくのがいいです。

確定申告の保管期間の7年間っていつからいつまでのこと?

確定申告の帳簿の保存期間の7年間っていつから数えて7年間なの?

同じ7年間でもいつから数えるはじめるかで、終わりが違いますよね。私も曖昧だったので、調べてみました。

【国税庁】帳簿の記帳のしかたに、次のように保存期間に書いてあります。

 

※ 保存期間は、帳簿についてはその年の翌年3月15日の翌日から7年間(又は5年間)、

書類についてはその作成又は受領の日の属する年の翌年3月15日の翌日から5年間となります。

 

例えば、2018年(平成30年)の確定申告の帳簿の場合、2019年(平成31年)3月16日から2026年3月15日まで帳簿を保管しておけばいいわけですね。

帳簿が捨ててしまうと、どうなるの?ってことについては、次回書いてみます。では、また。

 

売上UPしたら、しっかりと節税!法人化もベストなタイミングで!
★ビジネスを飛躍させるために必須なお金の知識と
未来へむけたプランニングを大公開!!

★個人事業主のお金の管理が学べる
★節
税や確定申告や経理に役立つ情報が随時配信してます。
             

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 税理士よしむらともこ/起業の専門家 , 2019 All Rights Reserved.