東京都新宿区四谷の女性税理士です。

領収書とレシートは経費にするにはどちらがいいの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
税理士よしむらともこ

 

こんにちは。

税理士の吉村 知子です。

 

今日のテーマは領収書かレシートとどちらがいいの?ということについてです。          

           

  質問:領収書とレシートは、経費にするためにはどちらがいいですか?

 

領収書でもレシートでもどちらでも事業に関係のあるもので、日付・取引先・内容・金額がわかるものであれば、経費にするための証拠資料となります。

 

 

領収書かレシートとどちらがいいのかといえば、実はレシートの方がおすすめです。おすすめというより、レシートの方が領収書と比べて、よりしっかりした証憑(証拠資料)なんですよ。

なぜなら、レシートの方が領収書よりも、購入したものの内容が細かく記載されているからです。レシートが1番情報もっているんです!!

 

よく領収書じゃないと経費にならないと思っていらっしゃる方がいますが、実は逆です。

税理士が「これは領収書でお願いします」と言ったら、もしかしたら購入した内容に経費にしづらいものがはいっているからかもしれないですね。

それでは(^^♪

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
税理士よしむらともこ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© よしむらともこ税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.